登校拒否(不登校)の子供の4つの親の特徴や家庭環境と原因。仕事は辞めるべきか?

登校拒否(不登校)になる子供の親にはいくつかの特徴があります。どんな特徴だと思いますか?登校拒否のイメージからヤンキーな親?それとも厳格すぎる親?どちらも正解かもしれません。

登校拒否(不登校)になる親の特徴や原因、そして親が仕事を辞めるべきかどうかお悩みの方に参考になる情報をお届けしたいと思います。

スポンサードリンク



1.登校拒否(不登校)になる親の特徴と家庭環境

登校拒否(不登校)になる親の特徴を大きくわけると、支配タイプ放任タイプです。その中でもさらに特徴や家庭環境をみていくと

家庭環境と特徴①学歴へのこだわり・プライドが高い

登校拒否(不登校)になる子供の親はプライドが高く自分の学歴と同等以上を子供に求めたり、親が学歴コンプレックスで、自分の子供には良い学校に行かせたいと理想を押し付けるという特徴があります。

そのため登校拒否(不登校)の本人の意思とは関係なく塾や習い事、進路まで親のプライドから親の希望で決めてしまうことがあります。理想の押しつけですね。

学歴コンプレックスの親の場合には自分の夢を子供に託し、子供にはよい学歴をと、自分の理想をおしつけていますが、親は子供のためと思っているので、子供の意思を無視していることに気付けないという特徴があるのです。

場合によっては子供へ理想を押し付け実現させることでプライドを保っているともいえるでしょう。

子供が期待に応えても更に上をめざし子供はまた期待に応える。でも更に上を目指す親。子供は疲弊してしまいます。

親が敷いたレールにうまくのった場合にも、小さな挫折がきっかけで登校拒否(不登校)やひきこもりになってしまうことが多々あります。

家庭環境と特徴②過干渉

子供のためと信じて学歴のみならず、これはこうあるべき、これはこれが絶対いいなど、色々なことにこだわるという特徴が親にあり、それを子供にも押し付けてしまう特徴がある過干渉な親。

家庭環境としては何か子供が上手くできないときには、親がやってしまったり、厳しく問いつめたり、なぜできないの?と言ってしまうという特徴があります。

勉強の仕方でさえこうしたほうがいい、ああしたほうがいいと、聞かれてもいないのに自分のやり方を教え、時にはノートのまとめまで手伝ったり、試験問題をつくる親さえ現実に存在します。

子供のためによかれと思ってしてしまう家庭環境や過干渉には実はよくない影響が多々あるのです。

過干渉の影響についてはこちらに書いております。

家庭環境と特徴③放任

家庭環境は放任。子供の好きなようにというよりも子供にあまり関わることなく、お弁当は作らずに毎日コンビニ弁当。保護者会にも参加しない。

子供が遅刻しようともお構いなし。子どもに興味が持てない。仕事が忙しすぎて自分は帰って寝るだけで、子供に全て好きなようにさせている家庭環境。

場合によっては登校拒否(不登校)であることも気づかずに学校からの連絡で事態を把握するという親もいます。過干渉という家庭環境とは反対に放任の場合でも登校拒否(不登校)になることがあります。

この特徴のある家庭環境・親の登校拒否(不登校)の場合には子供は非行に走ることも多いです。この場合家にも帰ってこないときもあります。

家庭環境と特徴④家族不和

夫婦仲が悪く家の中が落ち着かない家庭環境。いつ喧嘩がはじまるかと子供はびくびくして過ごす・・

また夫婦に限らず姑や舅との仲が悪くて言い争いが絶えない・・という場合も同じです。このような家庭環境の場合には子供は寛いで安心して羽を休ませる場所がありません。

何か辛いことがあっても家が落ち着かない、家でも気を遣わなくてはならないとなると子供はどこで疲れた羽を休めることができるのでしょうか?

夫婦関係が及ぼす登校拒否(不登校)についてはこちらに書いています。

毒親が影響している登校拒否(不登校)についてはこちらに書いておりますので参考になさってください。

2.登校拒否(不登校)の原因

ここまで登校拒否(不登校)の親の特徴や家庭環境をみてきて、原因についても多少はわかってきたような気がするという方もきっといらっしゃると思いますが、あらためて整理してみますと

原因①過干渉

なぜ過干渉が原因なのか?というと過干渉の場合には幼少期から親があれこれと指示だしをしてきているために子供は指示がないと動けなくなります。

そして指示の通りにしていれば基本的に怒られることもない家庭環境。その通りにしていたら問題もおきないために考えることをやめてしまいます。

このため何かトラブルがあった時には対処できませんし、次第に無気力無感情にさえなってしまい表情も乏しくなることがあります。

登校拒否(不登校)は学校でのいじめや人間関係、先生とのトラブルが原因だと思われがちですが、じつはそれはきっかけにすぎず、根本的な原因としては親の過干渉など、親の対応という場合があります。

登校拒否(不登校)の子供の特徴に無気力になるということがありますが、子供も最初から無気力な子供はいません。

自分の意思に反して親の指示に従ってきたのに失敗したらどう対処していいかもわからず無気力になりますね。

この無気力が原因と思われがちですが、なぜ無気力になったのかが重要ではないでしょうか?

原因②放任

過干渉に反して放任な家庭環境も登校拒否(不登校)の原因となります。親の愛情を感じられない、非行に走ったり、登校拒否(不登校)になることで、親の愛情を無意識に確かめている場合があります。

原因③環境の変化

登校拒否(不登校)が一番多いのは中学生です。小学生から中学生に変わることで子供の意識も周囲の見方も変わってきます。

中1ギャップという言葉もあるほどです。小学生とは違い中学になると部活などでは縦のつながりが重視される場面もでてきます。

また思春期のため周囲の言動が気になり言われてもいない悪口を言われてしまったと思ってしまったり、笑われていると感じたり、誤解から自己否定になってしまったり、繊細な年ごろです。

特に女子の場合には友人関係のトラブルも多い年頃です。

中学生以外でも小学生の場合にも幼稚園とは環境ががらりと変わりますし、高校生であればこの先の進路のことを考えなくてはならない時期であるため精神的に追い詰められる場面が多くなります。

この他にも引っ越しや親族の死、両親の離婚などの環境の変化が登校拒否(不登校)の原因となることもあります。

原因④学業不振

親の期待に応えて頑張り続け、中学や高校受験を終え第一志望に入れた。けれど、入った中学では良い成績が取れない・・当然ながらその中学には同じレベルの子供たちが集まりますからそこで上位をとるのは困難です。

また第一志望に入ったけれどもその中では下位に近い成績で、入学早々学校から家庭教師をつけるように言われたというケースもあります。

この場合には今まで優秀と言われていたのに、いきなり劣等感を感じるようになり、プライドが保てず、自己否定が起きやすくなります。成績が良い子供ほど思うように成績が上がらない場合には、しまいには無気力となり登校拒否(不登校)になり、そのまま放置しておくと次第に将来に希望ももてなくなりひきこもりの道へと突入してしまうこともあります。

原因⑤母子分離不安

母子分離不安が原因の登校拒否(不登校)は多くは小学生以下ですが、中学生や高校生でも母子分離不安はあります。

高校生の母子分離不安についてはこちらをご覧ください。小学生の母子分離不安についてはこちらに書いております。

原因⑥発達障害

発達障害の登校しぶりについて詳しくはこちらに書いていますが、発達障害に対して周囲が理解がない場合には、子供を傷つける発言をしてしまうケースがあります。

ADHDで失敗が怖くて学校に行けない登校拒否(不登校)という場合もあります。そちらについてはこちらに詳しく書いております。

また学習障害の場合には勉強をする学校という場所にいくことが苦痛になってしまい登校拒否(不登校)になってしまうこともあります。

原因⑦神経症や不安症

心身症やうつ病、母子分離不安、対人恐怖症などが原因で登校拒否(不登校)になっているケースもあります。母子分離不安による不登校についてはこちらに詳しく書いております。

学校が怖いといっている場合にはこの限りではありませんが、他の恐怖症がある可能性もあります。学校が怖くて学校にいけないことについてはこちらに詳しく書いております。

スポンサードリンク



3.登校拒否(不登校)になったら親は仕事を辞めるべきなのか?

子供が登校拒否(不登校)になって親は仕事を辞めるべきか、続けるべきか?悩むところです。私も実はとても悩みました。

私の場合には考えた末に家にいると自分が煮詰まり、子供へ不用意な発言をしそう・・学校に行きなさいと言ってしまいそう・・というのがすぐに思い浮かんだことでした。

子供が登校拒否(不登校)になった時にはちょうど息子が中学1年の11月。私は息子の入学を機に正社員としての再就職を果たしたところでした。

主人は仕事は辞めて息子と一緒にいるべきだと主張して曲げませんでした。でも私は前述のとおり仕事を辞めて、家に一日中いると、かえって悪影響を与えかねないこと。そして私自身の精神衛生にもよくないのではないか?とはいえやはり一緒にいてあげたほうがいいのかもしれない・・悩みに悩みました。

学校の先生やスクールカウンセラーにも仕事を辞めるべきかどうか相談し、熟慮の末私は時短勤務という選択をしました。幸いそれを受け入れ理解してくれる職場でした。

そして私はできる限り早く仕事から帰宅し息子と過ごす時間を持ちつつも仕事を続けました。そして息子が再登校できるようになってからフルタイム勤務に戻りました。

いま振り返ってもこの選択はとてもよかったと思います。息子と過ごす貴重な時間。でも限られているためあまり煮詰まることもなく接することができたと思います。

仕事を辞めるべきか続けるべきかというのはその子供にもよりますから、一概に続けるのがよいとも悪いとも言えません。

ただし、1つ言えるのは非行や母子分離不安など愛情不足からの登校拒否(不登校)の場合には仕事を辞めなくても子供と過ごす時間はいままでよりも増やすことをお勧めします。

勘違いしがちなのですが、登校拒否(不登校)と言う問題は子供の問題であって、親の問題ではありません。登校拒否(不登校)だからといって必ずしも仕事を辞める必要はありません。

どうしてですか?子供が学校に行けなくなってこの先どうなっちゃうか心配じゃないですか?という声が聞こえてきそうですね。

もちろん親が心配するのは当然です。でも学校に行くのは親でなく子供です。問題を混同してしまっていると登校拒否(不登校)克服するのに更なる時間がかかります。

なぜかと言うといつまでも登校拒否(不登校)を親の問題と捉えていると、親が口出しをしてしまうからです。1日も早く学校に戻さなくては、勉強が遅れてしまう・・長期になればなるほど復帰しづらくなる・・

それはその通りです。でも同じことを子供はもっと深く悩み、考えています。そこへ輪をかけて親がどうするの?などと問いかけた場合には親は登校拒否(不登校)の自分を受け入れてくれていないな、認めてくれてないな・・自分はダメだな・・と子供はよりいっそう自己否定してしまいます。

4.まとめ

登校拒否(不登校)になる親の特徴や家庭環境はいくつか複合していて持ち合わせているケースもあれば、1つだけの特徴の場合もあります。

登校拒否(不登校)の原因から親がどう対処すべきかがわかると思います。仕事を辞めるべきか続けるべきかはお子様にもよります。

そのため一概に仕事を辞めたほうがいいい、続けていいとは言えません、お子様と話してみる。話せない状態ならお子様のことをよくわかっているあなたが判断すべき問題です。

登校拒否(不登校)の問題は子供の問題ですが、仕事を続けるか辞めるかは親の問題なのです。

小学生の登校拒否(不登校)の克服方法についてはこちらに書いております。

登校拒否(不登校)の克服のためいきなり教室復帰をめざすのではなく、保健室登校や別室登校から始めるのもよいと思います。

よろしければ対面カウンセリングを受けてみませんか?ただ話を聞いてもらうカウンセリングでは解決しません。

具体的アドバイスを差し上げるようにしておりますので、興味のある方はお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせだけでもどうぞ。

保健室登校についてはこちらを、別室登校についてはこちらをご覧ください。

機能不全家族で育った子供の影響や特徴を知っておこうはこちら

絵から読み解く心理と情緒不安定さがわかる絵は?こちら

毒親あるあるエピソード

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です