情緒不安定を抑え心を落ち着かせる方法が知りたい

情緒不安定になる原因については色々ですが、原因別に対処したり、治療したりするにしても、情緒不安定になってしまったときに心を落ち着かせる、情緒不安定を抑える方法は知っておきたいですね。

どんな対策が心を落ち着かせ、情緒不安定を抑えるのには良いのでしょうか?

スポンサードリンク



心が落ち着かない情緒不安定な状態

情緒不安定を抑えて心を落ち着かせるということは、情緒不安定な症状がでないように、心穏やかにするということになりますね。

心が落ち着いていない、情緒不安定な状態というのは

  • イライラする
  • 怒る
  • 泣く
  • 暴れる
  • 不安
  • 緊張

この他にあるかもしれませんが、大まかにいえば上記の状態が心が落ち着いていない、情緒不安定な状態と言えるでしょう。

緊張しているときには、さまざまな妄想が膨らみ、こういう悪いことが起きるかもしれない、うまくやらなくてはいけないという観念から、失敗を恐れ不安な気持ちから緊張で手に汗握り、落ち着かないという状態ともいえるでしょう。

ではそんなときに心を落ち着かせるにはどうしたら良いのでしょうか?

スポンサードリンク



心を落ち着かせるには

他のことに集中する

なにかの出来事に対して情緒不安定になって心落ち着かないのであれば、一旦そのことから離れて、違うことに意識を向けるというのもとりあえず情緒不安定な症状を抑えて、心を落ち着かせることができます。

問題から逃げるわけではなく、一旦他に意識を向けて、情緒不安定な症状を抑え心を落ち着かせてから、取り組んだほうが後で後悔しないのではないでしょうか?

冷静になる

情緒不安定でいっぱいいっぱいの状態というのは心に余裕がない切羽詰まった状態ともいえるのではないでしょうか?

冷静になるなんて、簡単に言ってもできないのよ・・と仰る人もいるかもしれませんが、ひとまず深呼吸をして、冷静に、そして自分をもうひとりの自分がみているかのように、観察するかのように冷静になってみてください。

そうすると、なんで自分はこんなイライラしたり、怒りっぽくなっているんだろう?あぁこういうことが原因で怒ってしまっているんだなぁと冷静に分析することができるはずです。

そして、冷静になって客観視することができれば、自然と心を落ち着かせるための方法が見えてくるのではないでしょうか?

考え方を変える

冷静になったうえで自分の物事のとらえ方、考え方、つまり認知がおかしい、歪んでいると気づくかたもいるのではないでしょうか?

情緒不安定で心穏やかでない場合には、何かに対して過剰に反応し、怒ったり、悲しんだりしているわけです。

そのためその過剰な反応が自分のどのような考えからきているのか、ルーツを探ってみると良いですね。

いわば自己分析です。

たとえば彼から連絡がこないことでイライラしたり、泣いたり不安になったりする情緒不安定な人もいれば、同じことがあっても情緒不安定にならない人もいます。

情緒不安定の人の考え方は、

電話くれるといったのにこない → 約束を守らないなんて →自分との約束を破るなんてどういうつもり? → イライラ

電話くれるといったのにこない → 私のこと大切でないのかな? → 他に好きな人がいるのかも → 不安 → 情緒不安定

いっぽうで、情緒不安定でない人の場合には

電話こないな → 仕事忙しいのかな?何か事情があるのかも → 信じてもう少し待ってみよう

電話こないな → 待ていないで自分からかけてみよう

同じ連絡がこないということに対しても考え方の違いから、情緒不安定にもなる人もいればそうでない人もいるのです。

恋愛の情緒不安定に関してはこちらに書いております。

思うままに話をしてみる

情緒不安定な症状が出ているまま、話ができる相手がいれば、想いのまま、全てを吐きだせば次第に情緒不安定な症状も収まり、心を落ち着かせることができると思います。

ただしこれは状況や相手次第と言えますね。

運動

情緒不安定な症状を全て運動にぶつけるというのも徐々に情緒不安定の症状が抑えられ、心が落ち着いてくる方法ですね。

この場合には少し激しいくらいの運動のほうが、情緒不安定な感情をぶつけやすいかもしれないですね。そしてできるだけ一人でできるものが好ましいですね。

周囲を自分の情緒不安定な感情に巻き込まずに済むようにしたいものです。

スカッシュや、ゴルフのうちっぱなし、バッティングセンター、シュートの練習などはどうですか?

音楽

テンポが激しい音楽は交感神経が刺激し、わくわくしたり、時には興奮したりしますね。運動会の時にかかる音楽はアップテンポですよね。

一方でゆったりとしたテンポの音楽などは寛いだり、癒されたりする効果がありますね。こちらはホテルのロビーなどで聞くことがあると思います。

情緒不安定な症状を抑えて、心を落ち着かせるために音楽を取り入れてみてもいいですね。

いわゆるヒーリングミュージックといわれるものがたくさんありますね。

↓是非視聴だけでもするといいですよ。心が落ち着きます。↓

 

 

 泣く・笑う

悲しい映画を見る。お笑い番組を見るなどして、大泣き、大笑いするというのも情緒不安定な症状を抑えて心が落ち着いてくるでしょう。

あまり泣き過ぎ、笑い過ぎも交感神経が高まってきてしまうとは思いますが、情緒不安定な症状は少なくとも抑えられてくるはずです。

森林浴

リゾート地に旅行に行って癒されると心落ち着くと思いますが、そうそう旅行というのも難しいかもしれないですね。

都会にいると森林浴も難しいですが、緑がたくさんある公園にいるだけで心が落ち着いてきますね。

森林浴も情緒不安定を抑え、心落ち着かせるにはとても良いですね。

アロマ

情緒不安定を抑え、心を落ち着かせるアロマも多数あります。

アロマの種類 期待される効能
オレンジスイート 深い眠り・気持ちを明るくしたい
グレープフルーツ 気持ちを前向きにしたい
ローズ 不安やストレスの解消・PMS
ゼラニウム PMSや情緒不安定に・憂鬱な気分を解消
イランイラン ストレス解消・不安感が強いときにも
サンダルウッド 落ち着きたいときに
プチグレン 不安をやわらげたいときに
ラベンダー リラックス 鎮痛作用もあるためPMSにも
ベルガモット 怒りを鎮めたり、落ち込んでいるときに
ネロリ ストレス・不安の解消に

例えば

  1. お湯をマグカップに80度前後のお湯を注ぎそこにアロマを1~2滴垂らし、香りを嗅ぐ
  2. ハンカチにアロマを垂らして持ち歩き、情緒不安定になったら香りを嗅ぐ
  3. 水とアロマをスプレーボトルに入れてカーテンなどに吹き付け部屋全体にアロマの香りを充満させる
  4. オリーブオイルにアロマを数滴垂らし、マッサージオイルとして活用する

ここまで色々試してもイマイチ情緒不安定な症状を抑えられない、心を落ち着かせることが難しいという場合には、サプリメントや薬を試すことも考えるでしょう。

情緒不安定に効く薬やサプリメントについてはこちらに書いております。

それでも情緒不安定で仕方ないという場合には迷わずに診察を受けましょう。

情緒不安定から考えられる病気についてはこちらに書いております。

うつの情緒不安定についてはこちらに書いております。

まとめ

情緒不安定を抑え、心を落ち着かせる方法について自分に合うものは見つかりましたか?

自分に合うものをみつけておいたら、日々心がけることで、いざというときに情緒不安定を抑え、落ち着いて行動できるようにしておきたいものですね。

情緒不安定と女性ホルモンの関係についてはこちらに書いております

絵から読み解く心理についてはこちらに書いております。

あなたの生きづらさは家族が影響しているかもしれません。機能不全家族の特徴と影響はこちらに書いております。

人が怖い・緊張・汗の克服方法はこちらです

スポンサードリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です