情緒不安定は何科で受診?眠れないときの対策は?

情緒不安定で不安感が強かったり、感情的になったり、はたまた悲しくなったり・・

そんなときは夜眠れないという方もいることと思います。

眠れないときってとても辛いですよね。

今回は情緒不安定で眠れないときの対策について考えていきましょう。

そして情緒不安定になったら、何科で受診したらよいのかについて調べてみました。

スポンサードリンク



情緒不安定の原因を特定する

情緒不安定は何科で受診したほうがよいかと考える前に、情緒不安定の原因はなんでしょうか?

あなたに睡眠の悩みをもたらす情緒不安定の原因は何かわかっていますか?

まずはその原因を特定し排除もしくは病気であれば、治療が必要です。

  1. ストレス
  2. 性格
  3. 双極性障害(躁うつ病)
  4. 適応障害
  5. パーソナリティ障害
  6. 発達障害
  7. 自律神経失調症
  8. ホルモンバランスの乱れ

などが考えられます。

下記に記事にそれぞれ詳細が書いてありますので参考にしてみてください。

そして原因が病気であれば何科で診察を受けて診断してもらうのが良いでしょうか?

情緒不安定は病気?性格?心療内科を受診?精神安定剤は市販薬もあるの?

ADHDはなぜ情緒不安定なのか?

知っておきたい女性ホルモンと情緒不安定の関係とは?

うつと情緒不安定の違い 運転や運動は大丈夫?

アスペルガー症候群はなぜ情緒不安定になりやすいのか?

情緒不安定は何科で受診?

情緒不安定というと、精神科がいいのか?もしくは心療内科がいいのか?何科で受診すべきかちょっと迷いますね。

心療内科と精神科の違いはというと

心療内科

内科とついていることから心の病気から内科的症状が出ている場合には心療内科で受診するのがよいそうです。

ストレスで情緒不安定となって下痢や腹痛などを伴う方も多いと思います。そのようなときは心療内科がよさそうです。

精神科

情緒不安定で眠れない、不安感が強い、イライラしてしかたないなど、心の症状が強いときには精神科を受診しましょう。

ただ、何科か迷った時には電話して確認することをおすすめします。

よく「こんなことくらいで病院にきたのか」と怒られるのではないか?と不安に思う方もいるようですが、そんなことはありませんし、何科かわからずに行ったとしても大丈夫です。

情緒不安定で辛いから病院に行くのですから。

スポンサードリンク



情緒不安定で眠れないときの対策

情緒不安定を抑え心を落ち着かせる方法についてはこちらに書いております。

まずは情緒不安定の病気や原因を特定し、その治療をしたり、改善することが必要ですね。

眠れない場合には病院で薬物治療をする際には併せて睡眠導入剤も処方してもらえますが、今回は自分でできる眠れないときの対策に特化して考えてみようと思います。

ストレスの除去

ストレスによって情緒不安定になっている場合はもちろんのこと、そうでない場合にも根底にはストレスが潜んでいると思います。

人間は眠れないときは交感神経が優位になっているはずです。

情緒不安定で怒っていたり、イライラしてストレスを感じていると交感神経は優位になっています。

そのためストレスを除去して副交感神経を優位にする必要があります。

次に副交感神経を優位にして眠りやすくするための方法をお伝えしていきます。

お風呂に入る

人は眠る前に体温が下がると眠気が襲ってきますから、湯船をはってお風呂に入ることはとてもいいことです。

しかし熱いお風呂だと、交感神経が優位になってしまいますので、40℃くらいのぬるめの湯船がいいですね。

ぬるめのお風呂のゆったりと好きな入浴剤などを入れてリラックスしたら情緒不安定な症状もおさまってくるのではないでしょうか?

セロトニンを摂取する

セロトニンを摂取することで、感情の安定、つまり情緒不安定の解消に役立ち、また睡眠の質を上げてくれます。

食品

セロトニンというのはトリプトファンという物質を取ることが必要です。トリプトファンというのは脳でセロトニンを生成する働きを持っています。

トリプトファンを含む食品は

  • 乳製品
  • 大豆製品
  • ナッツ類

などに多く含まれています。

サプリメント

食品だとなかなか取りづらいという方はサプリメントを使うと手軽に摂取できますね。

適度な運動と規則正しい生活

適度な運動と規則正しい生活をして体内時計を整えましょう。

休日だからといっていつまでも寝ているのは体内時計を狂わしてしまいます。

また朝陽を浴びることもセロトニンが増え自律神経を整えることに非常に有効ですから、朝起きたらカーテンを明けて朝陽を浴びるのが理想的です。

でも朝陽が入らないお部屋もありますし、曇りの日もありますから、そんなときは今話題の光目覚まし時計を利用してみるのも良いですね。

返金保証もありますので、試してみてはどうでしょうか?実は楽天よりこちらから購入がお得です。

↓↓口コミ等詳しくはこちらを


寝酒はNG

お酒を飲まないと眠れないという方もいると思いますが、実はお酒を飲むと睡眠の質は下がります。

もし寝つきがよくなっても翌日眠くなってしまったり、疲労感が残るなどの影響が出ていませんか?

眠れないからお酒を飲むというのはやめたほうが良いでしょう。

睡眠環境を整える

室温は26℃、湿度は60%くらいが理想のようです。

夏はうまく冷房を活用して、よく眠れるようにしたいものですね。

そして寝具はどうでしょうか? 意外に気にせず買ったものをそのまま何年も使っていませんか?

ご自分にあった枕を使用していますか?高すぎず、低すぎず、オーダーの枕なんて理想ですね。

情緒不安定で眠れないあなたはこれを機会に検討してみてもよいでしょう。

そしてお布団はどうでしょうか?身体にあったものを使用していますか?マットが固かったり、柔らかすぎても眠れないということにつながります。

下記のマットレスは全体の凹凸構造が 身体に沿ってバランスの良い寝姿勢を保持してくれるそうです。

↓安心の1年保証付きです。しかも楽天よりも5千円お安い!この機会にどうでしょうか?

また眠りにつくときは電気は消し、いつまでも携帯やPCをいじってブルーライトを浴びないようにしましょう。

理想の眠りへ導く周波数のCDなんていうのもあります。

視聴だけでもしてみて、自分にあうCDを見つけて、睡眠導入するのもよいですね。

 

 

アロマを利用してみる

アロマの種類 期待される効能
オレンジスイート 深い眠り・気持ちを明るくしたい
グレープフルーツ 気持ちを前向きにしたい
ローズ 不安やストレスの解消・PMS
ゼラニウム PMSや情緒不安定に・憂鬱な気分を解消
イランイラン ストレス解消・不安感が強いときにも
サンダルウッド 落ち着きたいときに
プチグレン 不安をやわらげたいときに
ラベンダー リラックス 鎮痛作用もあるためPMSにも
ベルガモット 怒りを鎮めたり、落ち込んでいるときに
ネロリ ストレス・不安の解消に

眠る前のリラックスタイムにアロマを取り入れるのも良いですね。

リラックス効果の高いものを取り入れて使用したら深い眠りにつけそうです。

睡眠用のサプリを利用してみる

色々やってみたけれど、効果がない、でも薬は嫌だという場合にはサプリを利用してみるのも良いですね。

眠りに悩む女性専用のサプリメントです。 100名の女性の声から誕生し、95%の方が実感した本格派!! 成分、安全性、実感力に自信があります!

株式会社ZERO_PLUSより

とのことです。



まとめ

情緒不安定でなくても眠れないのは辛いですよね。あらかじめ睡眠環境を整え日頃から良い睡眠がとれるように心がけておくと良いですね。

またあまりに眠れない、情緒不安定な時は何科に行けばよいかわかりましたか?あまりに症状がひどくて困っている場合には悩まずに診察をうけましょう。

こちらの記事もよろしければどうぞ。

情緒不安定は病気?性格?心療内科を受診?精神安定剤は市販薬もあるの?

知っておきたい女性ホルモンと情緒不安定の関係とは?

絵から読み解く心理と情緒不安定さがわかる絵は?

毒親あるあるエピソード

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です