小学生の別室登校

小学生の不登校は親や学校が対応を誤らなければ早期に別室登校や教室復帰を果たせます。ではどうして不登校になり、どのようにしたら子供の気持ちが満たされ、別室登校や教室復帰ができるようになるのでしょうか?

スポンサードリンク



1.小学生の不登校の原因

1a19147d74b10d06e3186739f1f96eb9_s

小学生不登校の原因としては個人によりもちろん差はありますが主に下記があります。

1-1.環境の変化(主に低学年)

幼稚園と小学校の環境の違いは大きいですよね。まず登下校が違います。今まではお母さんと一緒に登園していたのに一人で登校し、下校しなくてはなりません。

そして学校では幼稚園のように先生が手取り足取りお世話したり声掛けしたりしてくれません。

あとはなんといっても勉強です。授業を受けるのもじっと椅子に座っていなくてはなりませんし、時には宿題がでたり、時間割を揃えたりと、幼稚園とはまるで違ってきます。この環境の変化についていけなかったり、プレッシャーに感じたりすることが一因となります。

この他にも引越しをしたり、両親が離婚や再婚をしたり、祖父母との同居が始まったりという環境の変化も影響します。この場合には小学生の低学年にかかわらず全学年において、影響があります。

1-2.母子分離不安や対人恐怖症などの不安障害

こちらも小学生の低学年の不登校に多い原因の一つと思われます。小学生になるとお母さんとのかかわりも少なくなっていきます。いくら小学生になったといってもお母さんと離れることで不安ということもあるかとおもいます。不安症というくくりでは対人恐怖症の場合もあります。

1-3.学校でのトラブル

小学生になると学校で授業中あてられることもあります。そのときに答えられなかったり、お友達と上手く関われなかったり・・・ちょっとしたことでも不登校の子供は敏感で戦繊細なため傷ついてしまい、自信をなくしてしまいます。また周りの人が笑ったりした場合には嫌われてると思いこんでしまうこともあります。小学生であればなおさらです。

1-4.親の関わり方

親が過干渉であったり、逆に放任であったりするとそれが原因となって不登校になります。過干渉であれば、なんでも親が指示をだしたり、先回りしてお膳立てするのに慣れているため、小学生になり自分で考えて行動しなくてはいけない場面でできないのです。できないことに対して自信を喪失します。

また言葉のかけ方なども影響します。怒った口調や舌打ちなどは、自分が否定され、ダメな人間だと思ってしまい自信喪失となり、自己肯定感が下がります。

放任タイプの親御様の場合にはお子様は自分は愛されていない、必要のない人間だと思ってしまい、その愛情を確かめるために本人も気づかぬうちに不登校になっているケースもあります。小学生だけでなく親の関わり方は不登校においては最重要だと私は思っています。

1-5.発達障害・起立性調節障害

発達障害は脳の機能の成長に関する生まれつきの障害です。対人関係やコミュニケーションに関して苦手な傾向があります。広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)、吃音などがあります。

起立性調節障害は自律神経失調症の1つで、血圧が下がり、血流が悪くなることにより疲労やめまいなどがおき、比較的午後には症状が軽くなるようです。このため学校のある時間帯は元気がないのに夕方などは元気そうに見えて怠けていると誤解されがちです。親は理解をし、受け入れてあげましょう。体内時計を整えるために下記のような光目覚まし時計を使うのもよいと思います。


 

1-6.家庭内不和

ご家族みなさんの関係性は良好でしょうか?嫁姑の対立があったり、両親が言い争いしていたり、家族の中に物の言い方がキツイ方や舌打ちするような方はいませんか?そのような家庭は寛げますか?お子様は安心して快適に過ごせますか?家の中が安心できて快適でないと、外に向かうパワーが養えません。誰でも学校や仕事で疲れて帰ってきても家でほっとしてリラックスして羽を伸ばしたら、回復して、また次に進むことができます。でも家の中が快適でないと、家にいること自体がストレスになりかねません。

主だった原因は上記です。不登校の子供に聞いてもよくわからないと答える子供が多いです。たいていは原因は1つでなく複数あり、そのため子供も何がというのが明確にわからないということがほとんどです。中でも親の関わり方というのは非常に関係性があると思います。小学生であれば、親の対応次第で比較的早く別室登校や教室復帰を果たせると思います。

ただ原因探しに躍起になって、誰が悪いのか犯人捜しなどに重きをおいてしまうと、家族間でいさかいにもなりかねませんので原因や犯人捜しをするよりも、どうしたら子供が別室登校や教室に戻れるのかを知り、親が対応を変えていくことが大事です。

2.不登校から別室登校・教室復帰のための心がけ

14327a88891b9aac72b76644bac0b234_s

小学生であれば、親が対応を変えるだけでみるみる子供が変わっていくと思います。具体的に何をどうしたらよいのでしょうか?

  • 子供の現状を受け入れる(受容)
  • 共感する
  • 不登校であっても大切な存在であることを子供に感じてもらう
  • 学校へ無理やり行かせない
  • 時期がくるまで登校を促さない
  • 過干渉をやめる(過干渉タイプの場合)
  • 放任をやめ、子供と関わりを持つ(放任タイプの親の場合)
  • 温かい前向きな言葉がけ
  • 理想を押し付けない
  • 自己肯定感を高める=自信をつける
  • 希望を持たせる

不登校の子供は少子化にも関わらず以前から横ばいです。ということは実質増えているということです。このため学校側でもさまざまな対応、対策をしています。別室登校の前にまずは学校と情報共有はしておきましょう。子どもの状況を伝えておくことで学校から良い提案や指導があることもあります。またできれば家庭訪問をして頂いたり、電話で子供と先生が話すなどしておくと良いでしょう。

学校と子供がつながりを持っておくことは非常に大切です。学校との関係が希薄になると、子供は学校に対して不安が大きくなりますので、是非とも心がけてください。ご相談を受けていて悲しいことに不登校になると学校からは一切連絡ない、ほとんどないということがあるようです。その場合には担任以外の先生にも相談してみることをお勧めします。それでも対応が悪ければ教育委員会に相談してみましょう。

スポンサードリンク



3.小学生の別室登校

市区町村や学小学校により対応は異なりますが、別室登校は希望すればできるはずです。小学生の場合、低学年であれば保健室などが子供は安心するかもしれませんね。まず子供が安心できる先生や、場所(教室の希望)、勉強したい科目などあればそれを学校側に伝えてできるだけ本人の希望に沿う形で行うのが理想です。母子分離不安の場合にはおかあさんも学校まで登下校のみ一緒にしたり、母子分離不安の症状が強い場合には小学生であれば学校にいる間近くで付き添えると良いですね。

小学生でも高学年になると保健室は嫌がるかもしれません。その場合には希望を聞いて学校の対応可能な部屋などで本人の希望を伝えて対応をお願いすると良いと思います。

起立性調節障害や本人が通常の登校時間に登校したくない場合には、午後から登校したり、放課後に登校したりすると良いと思います。

そして何より別室登校ができたら、たくさんほめてあげてください。些細なことでも褒めることを続けていくと少しずつ自信がついていきます。親の言葉がけは重要ですので是非やってみてください。途中で引き返したり、登校しようと思ってもできなかったときには、トライしたことをほめてくださいね。決して「どうしていけないの?」「いい加減にしなさい」などと言ってはいけません。

4.別室登校ができたら

back-to-school-999248_640

別室登校ができてきたら、次は教室復帰を目指して不登校から抜け出すことを目指しましょう。そのためには引き続き親は適切な対応をこころがけた上でお子様とクラスメイトと関わりを持てるように学校にお願いしてみましょう。

具体的には、別室登校ができてきていれば、別室登校した際の別室に仲のよいクラスメイトを連れてきてもらって、交流するようにしましょう。

そして、それがある程度できてきたら次は給食を一緒にとることをおすすめします。別室にきてもらうか、子供が嫌がらなければ給食の時間だけ、教室に行きみんなと給食をとれるのが理想です。いきなりは無理でも別室で、友達と交流が持ててくれば、いづ教室にも行けるようになるはずです。

親は焦らずに、子供のペースで前に進のを見守りサポートしてあげてください。ただし過干渉の方は、先回りをしないように気をつけてくださいね。

5.まとめ

不登校の子供に共通しているのは敏感で繊細な心の持ち主ということです。そして別室投稿や不登校から抜け出すため必要なのは自己肯定感を高めることと希望を持つことです。そのために親ができることはたくさんあります。是非これまでのご自分のお子様への対応を振り返り改めるところがあれば是非上記内容を参考に取り組んでみることをおすすめします。親が変わればきっと子供もかわります。焦らずその子のペースで前に少しずつ進んでいきましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不登校の勉強は別室登校からはじめてみる

不登校になって心配の1つとして勉強の遅れがあると思います。不登校期間が長ければ長いほど当然ながら授業も、試験も受けていない状態です。かといって家で勉強するというのも限度がありますし、相当強い意思がないと続けられないと思います。中には不登校であっても家で勉強だけはするという話もたまに聞きますが、多くの不登校の子供は家で勉強する気力すらないというのが現実です。何をするにもエネルギーが必要です。まずは心のエネルギーをためて別室登校から勉強を始めるというのはいかがでしょうか?まずは心の状態を改善しないと別室登校はできません。ではどうしたら改善できるのでしょうか?

スポンサードリンク



1.不登校の子供の心の状態を改善する3つの秘訣

201a7789ef1aa6132ddcf384d6bb68f4_s

1-1.自己肯定感を高める

不登校の子供に共通しているのは自己肯定感が低いということです。つまり自信がないということですね。ではどうしたら自信がつくのか。私おおすすめは下記です。

  • 人の役に立つことをする
  • 温かい前向きな声掛け
  • 否定をするようなことを言わない
  • 家庭を心安らぐ空間にする

まず何かお手伝いをさせてみましょう。簡単なことでいいので、朝カーテンを開ける、食べた食器を運ぶ等なら負担なくできると思います。以前やっていた、できていた子供でも不登校になると全てできなくなったり、しなくなったりするということがあります。少しずつ何か役割を与えて、できた時には褒める、感謝の気持ちを表すということを繰り返してみてください。必ず変わってきます。

その際に思うようなお手伝いができていなくてもやったことに関して感謝を言うようにしましょう。思い通りきちんとできていないからといって責めたり、何をやってもだめだというようなことを決して言わないでください。傷口に塩を塗る行為です。

家の中で舌打ちしたり、暴言を吐いたりする人はいませんか?またご家族の中で関係性が悪い人はいませんか?争いごとがあったり家族関係で不和があると家に居ても落ち着きませんよね?そのような家で寛ぐことも勉強する気持ちにもなれません。誰でも外で嫌なことがあったり疲れても家でリフレッシュしてまた次に頑張ることができると思います。その寛ぐはずの家が寛げない空間であったら、更に悪くなることはあっても良くなることはないと思います。嫁姑の争い、夫婦げんか等できればなくしてほしいものです。そうは言ってもなかなか・・・という場合には少なくとも子供がいる前や、声が届くところで争うのはやめる心がけをするといいと思います。

1-2.現状を周囲が受容する

不登校であるということは本人が一番つらく誰よりも登校しなくてはいけないと思っています。本人自身自分を受け入れられていません。そこに「学校にはいつ登校するの?」「どうして登校できないの?」などと聞くことは本人が自分の今の状態を否定されている気持ちになります。本人も登校したいのにできずそれがなぜなのかわかっていないのです。まずは親が不登校を受容しましょう。

学校へ登校できなくても大切な自分の子供であると親が自分のことを、不登校を受け入れている。登校できない自分でも愛されているということを本人が感じとれるように伝わる言動をするのが良いと思います。そうすると本人もこの不登校という状態が受容できます。

1-3.希望を持たせる

不登校の子供が長期休み明けの9月1日に自殺が多いのは周知の事実です。なぜ多いのでしょうか?それは本人が不登校の状態から長期休み中は皆も休みだということで安心感を持って過ごせているのですが、長期休みを経ても学校に行けない、将来に希望がない、生きていても仕方ないと思った時に自殺を考えるためです。

この最悪な事態を回避するためには前述のように自己肯定感を高め、周囲が受容し、自分自身も受容した上で将来に希望が持つことが必要です。将来になんの希望ももてないと死を考えてしまいます。絶対に阻止しなくてはなりません。そのためにはまず親がお手本になる必要があります。

親のどんな姿をみたら将来に希望が持てるのか?それは親が人生を楽しんでいるかどうかだと私は思います。親がいきいきとして、人生は素晴らしい、いやなことがあっても楽しいことがこれだけあるんだということを率先して伝えて下さい。それは言葉ではなく行動で伝えて下さい。

この3つを繰り返しすることで必ず子供に変化が現れます。そうしたら別室登校を提案してみましょう。親が対応すべきことに関してはこちらの記事でも書いていますので、参考になさってください。

スポンサードリンク



2.別室登校の仕方

N879_paipuisutotukue_TP_V

 

基本的に別室登校は本人の希望に沿った形で行えると思います。学校によっても対応が違うので要望を伝え相談して開始しましょう。

2-1.登校時間

通常の登校時間に行くのか、午後から行くのか、放課後に行くのか、部活のみ行くのか、本人の希望を学校に伝えて相談してみましょう。

2-2.勉強

不登校になって大きな不安の1つが勉強です。授業にでていない期間が長くなるほど遅れてしまい、勉強に対する不安が大きくなると思います。別室登校の勉強は基本的には自習のところがほとんどです。中には定期的に不登校の子供に向けて別室にて授業をしてくれるという学校もあります。その他には空いている先生が勉強を指導してくれることもあります。勉強に関しては学校や先生に要望を出して、どこまで対応可能なのか、相談してみましょう。現実的には別室登校の勉強だけでは追いつくのは大変だとおもいますのでやはり家での勉強というのが必要になってくると思います。

2-3.その他

別室登校の部屋に関しては学校によっては1部屋を専用にしている場合もあれば、面談室や会議室等を使用する場合もあります。なかには一人一人仕切りのある部屋を用意している学校もあるそうです。登校する本人が誰にも会いたくない、この部屋がいいというのがあれば、それを伝えましょう。

また先生に関しても通常は担任の先生と連絡をすることが多いと思いますが、担任とのトラブルが原因で不登校になったり、担任と合わないこともあると思います。そのような時には学年主任の先生や、養護教諭、教頭先生やその他関わりのある先生を通して相談してもよいはずです。担任の先生と連絡しづらい場合には他の先生に対応してもらいましょう。

3.勉強の遅れを取り戻す

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

 

教室復帰や今後のためにもやはり勉強の遅れを取り戻すことは本人の不安解消のためにも必要になってきます。かといって家で一人で勉強をするのはなかなか大変だと思います。そこでどのような方法が本人に合うかを考えて下記の手段を取り入れることも良いと思います。

3-1.塾

不登校の勉強の場合はやはり個別指導がよいと思います。授業に出られなかったところを教えて頂くのがベストですので、塾なら個別指導で勉強するのが良いと思います。今は自宅にいながらにして塾にいるかのようなオンラインの塾というのもあるそうです。




そうはいっても多くの場合は別室登校の勉強だけでも疲れはててるというのが現状です。そう言うときには今は便利なものがあります。

3-2.家庭教師・インターネット家庭教師

家庭教師なら家にきて勉強をみてもらえるので、移動しなくてよいぶんエネルギーを使わずにすみます。でも家にくるのは負担、費用がきになるということであれば、オンライン家庭教師やインターネット家庭教師という便利なものもあります。無料体験があるものもあるので、まずはそこから試して見るのもよいでしょう。


3-3.オンライン学習

もっと費用的に負担が軽いのがオンライン学習です。これなら気軽に試してみてもよさそうですね。


4.まとめ

不登校から脱するためには本人の心の回復のほかにも勉強に対する不安を取り除くことも必要です。別室登校で勉強を徐々に始めてから、塾や、家庭教師などを上手く活用して勉強に対する不安を解消できるといいですね。

こちらの記事もご覧ください。

絵から読み解く心理についてこちらをご覧ください。

性格を変えて生きづらさを解消したいあなたにはこちらの記事がおすすめです。

機能不全家族で育った子供の影響や特徴を知っておこう

毒親あるあるエピソード

別室登校で出席日数を稼ぎ高校卒業・卒業式参加へ向けて

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です