毒親から解放される方法とカウンセリングやセラピー

毒親から解放されたいと思っても今までの洗脳が解けず、解放される方法がわからない。どうしたらいいのかわからない・・苦しいという方がたくさんいらっしゃるようです。

毒親から解放されるための方法やカウンセリングやセラピーとはどのようなことなのでしょうか?

スポンサードリンク



1.毒親からの洗脳

毒親から「こうしなくてはいけない」「こうしないとどんな悪いことがあるかわからない」などと小さな時から言われ続けていると、一般的にはありえないと思うような話であっても、毒親の言う通りにしないと、どんな不幸がおきるかわからない、もしくは毒親の指示に従わないと、毒親が怒る、なかには暴力をふるうという行為に及んでしまうため、子供たちはなかなか毒親からの洗脳から解放されることができません。

またもしも抵抗したとしても、あれこれと理由をつけて自分たちの意思を正当化するのが毒親です。

人によっては進路はもちろん、結婚の時期やドレスの種類、色、引き出物や結婚式場までも全て自分の意思に反し毒親主導で行い、後悔をしてもくやみきれないと言っている人もいます。

ではその毒親からの洗脳を解いて毒親から解放されるにはどうしたらよいのでしょうか?

スポンサードリンク



2.毒親から解放される方法

2-1.自分の意思を尊重しよう

こちらにあるようにさまざまな毒親あるあるエピソードはありますが、毒親からこの学校に入らなければ学費を払わないと言われ、受験校を決めたり、親のいう事を聞かないなら勘当だと脅されたり、自分の意思とは関係なく毒親の言う通りにしてきた方が多いのではないでしょうか?

きっと幼い頃は自分がしたいこと、意思というものがあったはずです。しかしいつしか毒親からの過干渉や洗脳により毒親の希望が自分の意思となってしまい、自分の意思がわからない、本当は自分がどうしたらよいのかわからなくなってしまっている方もいらっしゃいます。

あなたはあなたのままで、ありのままでいいのです。毒親からの言うことではなく、自分がどうしたいのか、一度考えてみましょう。

こちらにも書いていますが、毒親のおこないはうつ病発達障害を引き起こす可能性やお金の無心をしてくることもあります。

自分の意思に沿った行動をしませんか?毒親がなんといおうと、意思を曲げずに主張する。そうは言っても相手は毒親ですからたちうちするのも大変かとはお察しします。

そんな場合は無視する。もしくはその場は「そうね」と毒親の意思を汲むかのように対応しておき、でもあくまでも自分の意思を大切に意思に従って行動するのです。

本来であれば、自分の意思に親が共感してくれて同意してくれた上で行動できれば一番いいのですが、ある程度そこは諦めが必要だと思います。

自分が変わることはできても人を変えることはできません。あなたの人生の主役は他でもなくあなたです。

後悔しないためにも、自分の幸せを優先して精神的に毒親と距離をおき、毒親からの洗脳から解放されるようにしましょう。

2-2.自立する

自分の意思で行動すると言っても毒親が妨害することも考えられますし、そばにいると顔色を窺ってしまったり、また洗脳されてしまうという負のスパイラルがおこるかもしれません。

一番よいのは精神的にも経済的にも自立して家を出ることです。精神的だけでなく、物理的に距離を置くことで、怒られたり、暴力をふるわれたり、意思を押し付けられたりすることから解放されます。

そうは言っても電話やメールは来るかもしれませんね。それも我慢できないのであれば、絶縁する覚悟で、電話は着信拒否設定をし、メールだけ繋がっておく、もしくはメールもアドレスを変更して受信しないようにしてもよいでしょう。

2-3.たまっていた想いを吐き出す・カウンセリングも有効

今まで毒親から抑圧されてきた気持ちがあると思います。あの時毒親に言われた言葉が頭から離れない・・人格否定や理想の押し付け、言い返したいことはたくさんあったのに、言えば何倍にもなって言い返される。または無視や暴力・・

辛い出来事がたくさんあり我慢をしてきたかと思います。自分の気持ちに蓋をして閉じ込め、「無」になって毒親に従い、顔色を窺い疲れ果てたのではないでしょうか?

気持ちに蓋をして閉じ込めてもそのままにはできず、要所要所でフラッシュバックしたりして、悔しい思いがよみがえることがあるのではないでしょうか?

そんな思いを吐き出す、本音を言える、自分が素でいられる相手や場所はあるでしょうか?是非何でも打ち明けられる相手がいたら話をきいてもらう。居ない場合にはカウンセリングなどを利用してもよいと思います。

カウンセリングの場合には毒親を変えようと毒親にカウンセリングを受けさせるのではなく、自分が毒親から解放されるために受けるのが良いでしょう。

カウンセラーであれば、なんのしがらみもないため、毒を吐き出しやすいのではないでしょうか?過去を振り返るのはつらい作業となるかとは思いますが、しっかりと毒親からされた行為を見つめなおし、自分の心の中にたまった毒を吐き出すのは毒親から解放されるためには有効です。

毒親から解放されるカウンセリングを受けるかたは一度ではなく、定期的に継続してある程度月日をかけてカウンセリングを受けて毒親から解放されています。

すぐにカウンセリングで毒親から解放されるわけではありませんが、少しずつ、たまった毒を吐き出すのには有効でしょう。

一度蓄積した想いを吐き出してしまえば、毒親から解放されて前に進みやすいでしょう。そうでないと、復讐や仕返しを考えてしまうという方もたくさんいらっしゃいます。

2-4.セラピー

ビブリオセラピー(読書療法)

読書によって得られた認知から行動の変容を促す治療

ヒブノセラピー

カウンセリングに催眠を取り入れた心理療法。このセラピーにより無意識である潜在意識を表出しやすくするため通常のカウンセリングよりも治療に時間がかからなくなる可能性が高くなる。

アートセラピー

芸術を用いたセラピーで、粘土や絵などの創作活動から自分の心理状態を表現するものです。このセラピーは表現することで効果があると考えられています。

3.まとめ

毒親から解放されてもなかなかできないという方、上記の毒親から解放される方法は参考になりましたでしょうか?

自分の素でいられる場所、相手が見つけ、自分の意思で行動することで、毒親から解放されるといいですね。カウンセリングやセラピーを受けることも毒親から解放される方法としては有効です。

こちらの記事もご覧ください。

決別して家出したい・・毒親から逃げる。絶縁・縁切り方法。その後は?

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です