プロフィール

photo3

*不登校初回メール相談(1往復まで/こちらからの返信を持って終了とさせて頂きます。)・無料30分スカイプカウンセリング実施中です。お問い合わせフォームよりお申込みください。*(返信受領後1週間以内にアンケートにお答え頂ける方のみでお願いしております。)詳しくはこちらをご覧ください。

ニックネーム : yumiri

性別 : 女性

現住所 : 東京都

職業 : 会社員、心理カウンセラー

趣味 : ドラマや映画鑑賞、ショッピング、料理、旅行、ゴルフ

取得資格 : 心理カウンセラー1級 (一般社団法人 日本プロカウンセリング協会)、不登校訪問専門員、トークコーディネーター3級、英検2級、珠算3級、普通自動車免許証 NLPプラクティショナーコース修了(NLPサンタフェ)、NLPマスターコース取得中(2017.9現在)

自己紹介 : 不登校・ひきこもりを経験した息子をもつ母親です。 現在息子は元気に毎日通学中ですが不登校当初は奈落の底に突き落とされた想いをしておりました・・・明けない夜はないというけれど、信じられませんでした。

でも親が対応を変えていくことで、子供が変わっていったのです。

初めて子供がカウンセリングを受けた日、もう行きたくないといいました。

でもこのままでは何も解決策が見えない・・と思ったときにであったのが不登校を専門に扱うカウンセリングでした。

そのカウンセリングの日に息子は「どうしてここに早く連れてきてくれなかったの?」といいました。

そこは子供にカウンセリングというより遊戯療法をとりいれ、心理を読み解き親に今子供がどんな状態を教えてくれるものでした。

でもだんだんと高いお金を払っても言われることは同じことの繰り返しとなり、自分で心理を学んで資格をとるほうがいいのではないか?という想いから一念発起です。

結局は息子が変わるというよりは親が対応を変えていくことで、子供も変わっていくことに気づかされたこの経験から不登校やひきこもりでお悩みの親御様に寄り添ったカウンセリング、および具体的なアドバイスを提供させて頂きたいと思っております。

自分が老いても子供の面倒を見続け、養いますか?

何度通っても効果がないただ聴いてもらうカウンセリングより、短期集中的に親の思考を変え具体的アドバイスを受けることで、子供の不登校・ひきこもりが必ず改善されます。

カウンセリングは敷居が高い、費用がかかると思うかた。老いてまで子供の面倒を見続けるほうがはるかに費用がかかります。

あなたが年老いても子供の面倒をみなくてはならないという不安を払拭させましょう。

NPO法人でのメールカウンセリング、不登校相談会、東京都のひきこもり支援事業公開講座などで不登校・ひきこもり、家族問題の相談等実績を積んでおります。

不登校・ひきこもりには早期解決が必要です。本を読みあさり、講演をききまくるより、マンツーマンの指導が効果的です。

なぜなら人は自分に都合のよい解釈をする傾向があるからです。

カウンセリング内容について

細かな状況を伺ったうえでそのご家庭、お子様にあったアドバイスを致します。

定期的にカウンセリング行うことで、親御様に以前アドバイスしていてもできてなかったことに気づき、取り組むことで子供が変わっていきます。

タイミングをみての声掛けの仕方、登校刺激、別室登校の御提案など、お子様の状態にあったアドバイスをさせて頂きます。

しかし1回だけで終わらせたいという方は、私の知識を総動員してアドバイスしますので、後は親御様が実践に移すだけです。

その場合には1時間半もしくは2時間でお申込みください。

親御様の協力なくして不登校は解決できません。

お問合せからお申込み、お問い合わせください。アンケートにお答えいただける方のみ、メール相談(1往復まで)で行っております。詳細についてはお申込みいただいた方にご連絡いたします。お問い合わせのみでもお気軽にどうぞ。

お問い合わせフォームへのお問い合わせの返信はyahooのアドレスとなりますので、受信できる設定をよろしくお願いいたします。

◆対面カウンセリングは新宿のホテルラウンジを中心に基本的には土日祝にて行っております。

◆電話カウンセリング/スカイプカウンセリングや時間を短縮して実施したい方には事前質問票を送りヒアリングした上でのカウンセリングやメールサポート付などオーダーメイド型で対応しております。通話料はクライエント様負担となります。

ネットで知識はあるし、本も読んだしと思っていても人に言われないと気づかないこともあります。

実際に相談を申し込まれる方は本当によく不登校についてご存じです。

でも解決できていないのが実情です。知識で得ていてもできていないからではないでしょうか?

定期的にカウンセリングをしていくことで、その場その場の問題解決につながるアドバイスをさせて頂きます。

<他のカウンセリングとの違い>

頻繁な回数のカウンセリングを要求するカウンセラーもいますが、私は基本的には一度相談に乗ったあと、何か変化が現れたときや、クライエント様がお話ししたい時と考えております。

しかし1日も早い不登校・ひきこもりのお悩みを解決したい場合には短期集中プログラムを組みます。

枠組みにとらわれないカウンセリング。本来カウンセリングというのは大方クライアント様の話たいことを聞き、自分でその答えを導き出していくものです。

しかし不登校の場合には親が変わることが必要なケースが多いです。そのために本人とカウンセリングをするよりも、親に直接アドバイスをしていきます。

本名 :おがわ ゆみこ
share_2016_05_19_212906