登校拒否・不登校のメール・スカイプ無料相談受け付けます。

登校拒否・不登校のメール・スカイプ無料相談受付ます

突然の登校拒否・不登校本人が一番つらいのでしょうが、親もどうしてよいものか?なぜ登校拒否・不登校になってしまうのか最初はわからないですし、悩みますよね。

私自身毎日生きた心地がせず、眠れない日々が続きました。

そして息子が学校に行けなくなったときに登校拒否や不登校という言葉さえ、全く思い浮かびませんでした。

最初は頭痛や腹痛を息子が訴えていたのもあり、病気なのか?精神的なものなのか?

小児科に行ったらいいのか、心療内科なのか?それともどこか他に相談したらいいのか?途方にくれていました。

今や登校拒否や不登校のメール相談、電話相談、カウンセリングはたくさんありますが、登校拒否・不登校という言葉さえ思いつかなかったので、そのような相談になかなかたどり着くことができませんでした。

色々調べていくうちに登校拒否・不登校という言葉をみつけようやく読みたい記事、相談に辿りつきました。

最初はメール相談などで、登校拒否・不登校を専門としている方に相談するのが登校拒否・不登校の解決には一番の近道だと思います。

本来はメールでなく、お会いして相談するのが一番良いですが、カウンセラーとの相性もありますし、まずは無料のメールや電話相談を利用してそのカウンセラーとあうかどうか確かめるのがよいのではないでしょうか?

というわけで、登校拒否・不登校に関するメールでの無料相談もしくはスカイプの無料相談(30分)(どちらか1回のみ)を受け付けたいと思います。(現在スカイプは受け付けておりません。)

メールに関しては誠に勝手ながら1往復まで(こちらからの返信を持って終了)とさせて頂きます。(以前の2往復は廃止とさせて頂きました。)

お気軽にこちらからお申込みください

条件として、無料メール相談終了後1週間以内にアンケートにお答え頂ける方真摯に登校拒否・不登校と向き合える方とさせて頂きます。

無料相談だけで解決しようと思ってらっしゃる方は残念ながら難しいのが現状です。

なぜなら、対面などで色々とお伺いし背景などを探らないと、わからない部分もあるからです。この点に関しご了承頂ける方のみお申込みください。

お申込みの際に下記事項についてお知らせください。

  1. 登校拒否・不登校の子供の年齢と性別
  2. 家族構成とそれぞれの職業や学年
  3. 登校拒否・不登校の経緯、きっかけ等詳細
  4. 子育てに関して特に重視してきたこと
  5. 幼少時代のお子様の様子や性格
  6. 心身症や不安症、恐怖症、発達障害の有無
  7. 夫婦関係や嫁姑等の関係性について良好でない場合は詳細
  8. その他伝えておきたいこと
  9. お名前もしくはニックネーム
  10. アンケートに1週間以内にお答え頂ける同意の旨 *同意されない場合には受付兼ねます。

メールでのご相談御待ちしております。有料の対面・電話カウンセリングのご相談の場合には基本的には土日祝となります。こちらから候補日時をご連絡いたします。

*必ずYahooアドレスが受信できる設定にしておいてください。

尚スカイプはカメラなしで結構です。少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です