無気力を改善するための食事・運動・サプリ

無気力を改善するためにできることから始めませんか?

不登校や引きこもりで無気力になる人は多いです。

本人は無気力でやる気が出てこないわけですから、家族や周囲の人がサポートできることがあるといいですよね?

食事や運動そしてサプリなどで無気力が改善できるのでしょうか?

無気力を改善するための食事

糖質に注意が必要

無気力の原因がうつである場合には、糖質が影響しているとも言われています。

糖分を過剰摂取したり、血糖値が急激に上がると、下げようとして必要以上のインスリンが分泌されます。

そうすると低血糖状態となり、無気力になってしまうことがあります。

また余ったインスリンは糖を脂肪に変え、蓄えるという性質があるため太りやすくなりますので無気力改善のためにも注意したいところです。

特に精製されたお砂糖やお菓子、炭酸飲料などの糖分は急速に吸収されるため、血糖値が上がりやすく、それを下げて改善しようと低血糖になりやすいそうです。

甘いものを取らないから関係ないと思っている方も、食事の味付けで精製された砂糖が使われていることがありますし、チャーハンとラーメンを食事でとったりしていませんか?

チャーハンもラーメンも炭水化物ですから、糖分なのです。

無気力改善のためにも食事の際外食を利用することやお惣菜を頂くことが多い人も気を付けたほうがいいですね。

食事の取り方

無気力改善のためにも血糖値を急激にあげないための食事の仕方も大切ですね。

そのためには食事の際には糖質の少ないものからゆっくりと時間をかけて食べるというのが好ましいです。

煮物などには砂糖が使用されていますし、イモ類やごはんなどの炭水化物にも糖分が含まれています。

そのため食事は生野菜などから食べ始め、おかず、ごはんという食事の取り方が良いですね。

とくにキノコ類は糖の消化吸収を遅らせる働きがあるので食事のはじめのほうに頂くと良いです。

またイモ類意外の野菜は糖分はないでしょと思ったあなた。違うんです。

私も最近知ったのですが、ニンジンも糖質が高いです。あまり神経質になる必要もないと思いますが、無気力改善のためにも知識として知っておくと良いですね。

そしておやつなどにチョコレートなどをとると一気に血糖値が上がりますから、できたらナッツなどにとどめておき、食事をきちんととるためにも間食は控えたほうがよいですね。

トリプトファン

うつ病の方や無気力の方にはセロトニンが不足していると考えられます。

セロトニンはストレスを軽減し、精神を安定させてくれます。

そのセロトニンを食事で摂取するにはトリプトファンという物質をとり無気力を改善していく必要があります。

トリプトファンが含まれる食べ物は

  • 乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルトなど)
  • 大豆製品(納豆、豆、みそ)
  • ナッツ類は
  • かつお、まぐろなどの魚
  • すじこ

またセロトニンはビタミンB6(さんま、ごま、にんにくなど)やナイアシン(緑黄食野菜やきのこなど)、マグネシウム(ひじきやわかめなど)からも合成されます。

ドーパミンのもとチロシンを摂取

チロシンて聞いたことありますか?

実は神経伝達物質であるアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの原料となるものなんです。

無気力ということはこれらの物質が不足しているともいえます。

そのためチロシンが入っているものを食事やサプリでとると無気力改善に効果が期待できるわけです。

  • バナナ
  • かつお
  • アボカド
  • 乳製品
  • 大豆製品

ここまでみたら、セロトニンのもと、トリプトファンが含まれるものと同じようなものが多いと気づきませんか?

例えば下記の食事を無気力改善の献立として取り入れることをご提案します。

  1. ゴマをかけた海藻サラダ
  2. お味噌汁(緑黄色野菜多めで)
  3. かつおの刺身
  4. ひじきの煮物
  5. ごはん

血糖値の上がり方も考えて上記の順番で食事をとると無気力改善が期待できるのではないでしょうか?

無気力改善のため運動をする

運動をすると脳が活性化され、セロトニンも分泌され精神安定し、無気力改善につながるといえます。

運動により人の脳の「快適度」が上がり、「覚醒度」は緊張でも無気力でもない中間の状態に近づくことが、私たちの研究でわかりました。快適度が低く、覚醒度が低い「だらけていて無気力」な脳が、「いきいきして元気」な脳に変わり、快適度が低く、覚醒度が高い「イライラして緊張している」脳が、「リラックスして心地よい」脳に変わるのです。

Nikkei President  征矢英昭 筑波大学体育系教授のお話より引用

運動ならなんでもよいかというと、そうではなく、無気力がひどいばあいは散歩程度から始め、有酸素運動がよいです。

例えば自転車こぎ、水中ウォーキング、エアロビクスが有酸素運動です。

有酸素運動とは酸素を取り入れて体脂肪を燃焼させる運動のことですね。

20分以上有酸素運動を行うことで、体脂肪燃焼が効果的になります。

ちなみに無酸素運動は筋トレや短距離走など、瞬発的に力を使う運動でこちらは基礎代謝量を増やすことにつながります。

無気力改善のサプリ

セロトニン

無気力改善するためにセロトニンを分泌させることが必要というのは前述の通りです。

そのため無気力改善のためのサプリはセロトニンのものということになります。

チロシン

食事のところでも紹介したように無気力の改善にはドーパミンのもとともいえるチロシンが有効なので、こちらのサプリなら手軽に摂取することが可能ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Now Foods, ナウフーズ Lチロシン、500 mg、カプセル120錠
価格:1128円(税込、送料別) (2018/3/11時点)

 

ハーブティー

無気力を改善するのに薬は嫌だけど、サプリもちょっと・・と尻込みしてしまう方はハーブティはいかがでしょうか?

安心のオーガニック100%で自律神経を整え、無気力改善するため朝に交感神経が優位になるように整えてくれます。

毎朝、朝食の際にでも頂く習慣をつければ手軽ですね。


まとめ

無気力改善のための食事や運動、そしてサプリについて参考になりましたでしょうか?

食事でとりづらい成分もサプリやハーブティなら気軽に摂取できるのでおすすめです。

また運動についても、ハードなことを無理してするのでなく、できる運動を日常生活に取り入れて無気力改善を図りたいですね。

こちらの記事もご覧ください。

無気力な時の過ごし方のヒントと無気力とうつの違い

無気力症候群の原因は?誰でも可能性はある。

精神不安定でアルコールに依存する恐怖

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です