毒親の見分け方。毒親は無自覚・無関心?

毒親の見分け方。

普通の親との違いというとその線引きが少々難しいですね。毒親に共通しているのは自分が毒親だと認識がない。

つまり無自覚であるということです。そして中には子供に全く無関心な放任、ネグレクトな親もいます。

        毒親かどうかの見分け方や違いについて考えてみたいと思います。

スポンサードリンク



1.毒親とは

毒親となる要素については下記の一部もしくは複数持ち合わせているのが毒親となります。

毒親かどうかの見分けとしては該当しなければ、もちろん毒親ではありませんが、ただし、全ての親が完璧というのはありえないので、一部の要素を持ったからと言って毒親とも言い切れないと思います。

毒親の場合には無自覚ということがあります。わかっていても認めない、認識が薄いといった感じでしょうか?

  • 子供の意思を無視している
  • 子供のためと言いながら自分の理想を貫いている
  • 言葉や精神的も含め暴力的である
  • 威圧的な態度をとる
  • 支配をする
  • 過度な過干渉(ヘリコプターペアレントな毒親
  • 条件つきの愛情
  • 親は絶対である
  • 親の言うことに逆らうことは許さない
  • 子供の人格否定をする
  • 子供への義務を果たさない
  • 子供に無関心
  • 子供を危険から守りすぎるもしくは全く守らない
  • 毒親の親も毒親であり歴史を繰り返している
  • 怒りのコントロールができない親
  • 子供に自由がない
  • 子供が口答えすることを許さない
  • 上記の行いが毒親の行為であるとは思っておらず自分が毒親とは無自覚である

具体的な毒親のエピソードについてはこちらに書いてありますので、よかったら参考までにご覧ください。

スポンサードリンク



2.毒親でない親とは

  • 子供に出し惜しみなく愛情を注ぐ
  • 子供に関心を持つ
  • 子供の意思を尊重する
  • 子供は自由に親とコミュニケーションをとることができる
  • 子供を温かく見守ることができる
  • 子供を励まし勇気づける

3.毒親の要素は誰にでもある

毒親と毒親の見分け方がある程度はお分かり頂けましたでしょうか?

どんな親でも毒親の要素はあると思います。親といっても人間であるために完璧な親など存在しないと思います。

少しばかり自分の親や自分に毒親の要素があってもそこは気にしなくていいと思います。いや気にするあなたは毒親ではないでしょう。

むしろ思い当たるところがあるようであれあば、これから子供に対しての言動に少し気を付けてみたら良いと思います。

なぜなら毒親の影響というのはすごいのです。毒親のタイプ別影響についてはこちらを、人格否定やヒステリーの毒親の影響はこちらをご覧ください。

今やヘリコプターペアレントなんていう毒親も存在します。(ヘリコプターペアレントについてはこちらに書いております。)ヘリコプターペアレントに限らず過干渉はマイナスの影響があります。

毒親だと言われても毒親は無自覚ですし、自分の行いをあらためることはないというのは大きな違いかと思います。

そして子供に無関心な親は毒親といってもよいでしょう。

4.毒親で悩んでいるあなたへ

子供の立場でこの記事を読んでくださっているあなたへ。毒親かどうかはさておき、自分のとらえ方でも大きく違ってきます。

また毒親であっても全く意に介せず自分の意思で自分の道を進んでいれば問題もおこらないかもしれません。

しかしたいていは毒親にどっぷりと洗脳されてしまっている場合には毒親が正しい、毒親の言うことを聞くべきと思ってしまっていて、自分の親が毒親であるということはわかっていないということもあります。

大切なのはあなたが自分の幸せのため自分の意思を持って行動することではないでしょうか?そして毒親によって傷つけられている場合にはその自分の中の傷にも目を向けることが大事かと思います。

そのためにも毒親からの洗脳を是非解いてください。(毒親からの洗脳を解く方法はこちらに書いてあります。)

毒親からの洗脳を解くためにも毒親と対決することで、けじめとなり前に進むことができる場合もあります。毒親との対決についてはこちらに書いていますので、参考にしてください。

5.まとめ

毒親の見分けかたは参考になりましたでしょうか?どんな親でも多少たりとも毒親の要素はあると思います。毒親の場合には無自覚というところが大きな違いでしょうか?また子供に無関心な親は毒親と言えるでしょう。

大切なのは子供の幸せです。毒親かも?と思い当たることがあるあなたはこれからは毒親行為はやめましょう。そして自分の親が毒親の場合にはあなたの幸せのためにも是非その洗脳を解いてください。

そうでないとうつ不登校ひきこもりにさえなってしまう可能性があるのです。

こちらの記事もご覧ください。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です