毒親と毒親育ちの子供の2つの特徴とは?一人っ子だとどうなる?

毒親に育てられた子供には毒親の影響によりある特徴と傾向があります。毒親に育てられるとどんな特徴や傾向がでるのでしょうか?また毒親育ちに子供が幸せになるにはどうするのがよいのでしょうか?愚痴が多い外面がいいのは毒親の特徴なのでしょうか?

スポンサードリンク



1.毒親の特徴とは

まず毒親育ちの毒親ってどういう意味なの?自分の親は毒親に該当するのかしら?と思われる方もいるかと思います。毒親とはその名の通り、子供に毒となる悪影響を与えている親、中毒となっている親のことを表しています。機能不全家族と同等ともいえるでしょう。機能不全家族についてはこちらをご覧ください

毒親の特徴はというとすべてにおいて自分本位ということです。子供の意思に関係ないという特徴があります。具体的な例としては

  • 子供の意思に関係なく母親や父親の思い通りにする毒親
  • ネグレクトな毒親
  • 暴力をふるう毒親
  • 威圧し恐怖を与える毒親
  • 言葉の暴力や精神的暴力をふるうモラハラな毒親
  • 子供を所有物のように扱う毒親
  • 束縛する毒親
  • すべてのことに干渉、口出しする過干渉な毒親
  • 愚痴や不満をすべて子供にぶつける毒親
  • 感謝を強要する毒親
  • 親の言うことに逆らうことは許さない毒親
  • 娘に嫉妬する毒親

一人っ子の毒親の場合には必然的に関心が集中するという特徴から過干渉や共依存になる傾向が強く、不満のはけ口にしてしまうことも多いようです。

これは統計をとっているわけではないですが、部屋が汚い毒親というのも意外と多いようです。

また偏差値の高い毒親は子供に自分と同等以上を求めそうでない毒親の場合には自分の子供に理想を押し付け高い偏差値になるように厳しいしつけを強要するという特徴もあります。

自分中心で自分がかわいい毒親の場合には娘が成長して女性らしくなるにつれ嫉妬するという特徴もあります。そのためブラジャーや生理用品を買い与えないというとんでもない毒親がいるのも特徴です。

そして毒親の大半は外面がいいというのも特徴のようです。そのため子供が精神的苦痛を強いられるような言動をおこなっているとは第三者からはわからないことも多いのです。

他にも毒親のエピソードをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。

毒親になる原因についてはこちらです。

2.毒親育ちの子供の心理とは

「毒になる親」という本(スーザン・フォワード著)から引用した例をもとに毒親育ちの子供の心理、特徴を見ていきましょう。

1.親は私の行動しだいで幸せに感じたり感じなかったりする。
2.親は私の行動しだいで自分を誇らしく感じたり感じなかったりする。
3.親にとって私は人生の全てだ。
4.親は私なしには生きられないと思う。
5.私は親なしには生きられないと思う。
6.もし私が本当のこと(例えば、離婚する、充実した、同性愛である、フィアンセが外国人である、等々)を打ち明けたら、親はショックで(または怒りのあまり)倒れてしまうだろう。
7.もし親にたてついたら、私はもう永久に縁切りだと言われるだろう。
8.彼らがどれほど私を傷つけたかを話したら、私はきっと縁を切られてしまうだろう。
9.私は親の気持ちを傷つきそうな事は何一つ言ったりしたりするべきではない。
10.親の気持ちは自分の気持ちよりも重要だ。
11.親と話をすることなど意味がない。そんなことをしたところで、ろくな事は無いからだ。
12.親が変わってさえくれれば、私の気分は晴れる。
13.私は自分が悪い息子(娘)であることについて親に埋め合わせをしなくてはならない。
14.もし彼らがどれほど私を傷つけたか分からせることができたら、彼らも態度を変えるに違いない。
15.彼らがたとえどんなことをしたにしても、親なんだから敬意を払わなくてはならない。
16.私は親にコントロールなどされていない。私はいつも親とは闘っている。

「毒になる親」スーザン・フォワード著より引用

1~2については子供のふるまいしだいで毒親は幸福感を得たり、自信を持ったりするということです。つまり子供の特徴としては親のために自分は規範的なふるまいをし常に良い子供であろうとしているということになります。

良い子にしなくてはいけないという強迫観念があり、疲れてしまうという特徴があります。

3~5に関しては共依存という特徴が表れています。親も自分もお互いに依存しあっており、お互いの存在がなければ生きていられないと思い込んでしまっています。共依存についてはこちらをご覧ください

毒親のことを疎ましく思いながらも、自分がいないと親は生きていけない、親がいないと自分も生きていけないと思いっているのが特徴です。

6~10に関しては親に盾突かない。絶対服従という毒親育ちの子供の特徴を表しています。自分の意思を封印し、抑圧しているという特徴があります。

11は毒親であることを子供はわかっているけれど話をしたところで無駄だというあきらめの現れです。心を無にしているという特徴があります。

12は毒親が変わってくれたら、自分の気分が晴れる、一方で13は毒親なのは自分が悪い子供だからだと思ってしまっている。

娘が女性らしくなることに嫉妬する毒親の場合にはその娘は女性らしくすることに罪悪感を覚えます。

たとえばおしゃれをすると毒親が怒りだしたり不機嫌になるということがあると、自分はおしゃれをしてはいけないと思ってしまうという特徴があります。

14は毒親のふるまいにより子供がどれほど傷ついたかを知らしめることができれば毒親も変わるのではないかという願望15はそんな毒親でも親であるから敬意を払わないといけないと思っています。

16に関しては毒親だと気づきその親の願望通りにふるまっていたとしても自分はコントロールされていないんだという葛藤が見えます。

毒親とのしがらみを断捨離したい方はこちらです

スポンサードリンク



3.毒親育ちの子供の特徴とは

毒親育ちの子供の心理から読み解く特徴とは

3-1.萎縮・威圧

毒親からの目を気にし、プレッシャーや、~しなくてはならない、~でないといけないという概念から常に威圧感を感じ、いつ怒られるかとドキドキしながら過ごしてしまうという毒親育ちの子供特徴があります。

毒親育ちの子供が成人してもなお毒親からの受けた影響により、自分の意見を通そうと強く主張したり、コントロールする人間がいると、自分の意見を伝えたり反論することができず我慢してしまうという特徴があります。

今までの毒親育ちの経験から、人を怒らせたりするようなことはせず、強い人間に対し萎縮してしまい、威圧されてしまうという特徴があります。

また人の顔色を窺うようになってしまうというのも特徴の一つです。

特に一人っ子の場合には毒親の影響は一人に集中してしまうため、絶対服従をさせられてしまったり、不満のはけ口にされてしまうことが多いようです。

人によってはこの影響をそのまま他者にしてしまうことがあります。彼氏や彼女に対してモラハラな行為、支配的言動を行ってしまうこともあるようです。

3-2.自己否定

毒親育ちの子供はあなたは~だからダメな人間だ。自分がだめだから親がひどいことを言ったり、行動したりするんだと、すべての悪いことは自分が原因であると思い込んでしまっており、自己肯定感がもてず、自信がない、自己否定してしまうという特徴があり、自己肯定感が低いのが特徴です。

自己否定することによって毒親からの仕打ちを肯定し、納得しようとしているという心理が働いてしまうのです。

この自己否定が強くなることで、うつになってしまったり、不登校、ひきこもりになってしまうことがあります。

自己否定の改善方法はこちら

毒親の影響からうつになる記事はこちらに書いております。

不登校、ひきこもりの記事はこちらです。

4.毒親から解放されて幸せになろう

毒親から支配されて育った子供は萎縮して威圧され、自己否定してしまうという特徴があります。今からでも遅くはありません。毒親から解放されてあなたの幸せを見つけましょう。

そのためには

4-1.毒親から離れる

あなたがすでに社会人であれば、毒親から離れ、自立しましょう。いつまでも毒親のもとにいては幸せになれません。いくら愚痴を言ったり不満を言っていても毒親を変えることはできないので、あなたが変わるしかありません。

精神的にも経済的にも自立を果たし、毒親とは縁を切る覚悟で、離れるというのが一番早くあなたが幸せに近づく第一歩です。

一人っ子の場合には、自分がいなくなるとお父さんやお母さんが悲しむのでは・・困るのでは・・となかなか決断できないかもしれません。

でも毒ある影響を受けていると感じているのであれば、少なくとも距離をおかないことには、あなたはその影響から抜け出すことは難しいです。

まだ自立するのは無理なあなた。毒親の行為は児童虐待に相当していませんか?詳しくはこちらの2-3をご覧ください。

189にかけると全国の児童相談所の共通ダイヤルにつながります。一人で悩まず相談してみてください。

毒親から離れることにみな不安を覚えます。しかし実際に毒親から離れた子供は後悔するどころか、離れてよかったと幸せを感じています。勇気を出して一歩前に進みましょう。

まずは毒親から経済的自立を果たし貯金をするところからスタートしてみてください。

そして抑え込んだ感情を吐きだすために毒親との対決が必要なこともあります。対決についてはこちらをご覧ください。

4-2.自己肯定感を高めよう

毒親育ちの子供の特徴として自分が悪いから親に叱られるんだ、自分が悪いから親がひどいことを言うんだと自己否定し、何か悪いことがあるたびに自分に言い聞かせています。

あなたは悪くないのです。できれば毒親から離れてボランティアやアルバイト、仕事をしてみてください。人の役にたつことで感謝もされ充実感を得られます。ひいては自信をつけることもできます。

今まで親に褒められ感謝をされてこなかった毒親育ちの子供は自己否定が強いのが特徴です。

自分に価値を見いだせず、ひきこもりやニート、不登校になる子供の多くは自己否定しています。自己肯定感を高めるということは生きていくために重要なことなのです。

自立ができて自己肯定感を高めることができれば、毒親から解放されあなたの未来は必ず開けるはずです。毒親を恨んでも、過去を振り返っても幸せにはなりません。前を見て、時には空を見上げて少しずつ前を進んでください。

その先に必ず幸せな日常があるはずです。

生きづらい性格を変えたいあなたはこちらもどうぞ



5.まとめ

毒親育ちの子供は毒親からの影響を大きく受けて育っているため特徴があります。毒親の大半は外面がいいため子供が精神的苦痛を強いられてることは第三者からわかりません。

一人っ子の場合には毒親の影響は集中してしまいます。毒親から一日も早く解放され、あなたの幸せをつかむことを応援しています。

毒親の老後についてはこちらをどうぞ

こちらの記事もご覧ください。

自己否定せず、自信を持つ子供になる7つの秘訣

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です