母子分離不安に有効なカウンセリングとは

小学生以下の不登校の主な要因の一つとして、「母子分離不安」が考えられます。母子分離不安とは文字文字通り母親から離れたときにおこる不安症状です。生まれてすぐに世話をしてくれ終始一緒にいてくれるのがたいていは母親ですから、その母親から離れる状態に不安を持つことは幼いころなら誰しも経験することです。しかしほとんどの人は成長していくにつれ母子分離の状態であっても不安を感じなくなっていきます。母子分離不安の原因そして有効なカウンセリングについてお話ししていきます。

スポンサードリンク



1.母子分離不安がおきる原因

6ae569e128cc14fd3105e1bc44776513_s

1-1.適切な時期に母子密着ができていない

人は誰でも生まれてすぐに自分で自分の世話はできないため、たいていは母親がその役割を担って、おむつを替えたり、服を着替えさせたり、食事(授乳)をさせたりしてお世話をします。そしてそれだけではなく泣けば抱っこをしてあやしたり、微笑みかけたり、頬ずりしたり、手を握ったりしてふれあい、愛情を注いでいき、子供は存分に甘えます。その積み重ねにより基本的信頼感を得て、安心を獲得していきます。そしてこその上で母親から離れていろいろなことをチャレンジしていけるようになります。しかしこの安心の獲得ができておらず信頼感を得ていないと母親から離れることに不安になってしまいます。このため母子分離不安が起こります。諸事情により親子で過ごす時間が十分にとれなかった場合や、母親以外の家族が主に育児を担当していたり、または母親自身が十分に自分の母親から愛情を注がれていなかったため子供へどのように接してよいのかわからなかったり、母親自身が母子密着の経験がなく自分がしている育児にもうまく対応できていないということもあります。またお母さんに悩みがあり常に育児以外のことで心配したり、不安になっている場合も考えられます。お母さんだけが悪いわけでは決してありません。お母さん自身が実はとても寂しい思いをしていたり、甘えた経験がなくわからないということもあります。

1-2.過度な母子密着

上記に反し常に母親が子供を常に気にかけすぎて、心配をしすぎて子供が成長してもなおあれこれと指示を出したり、「この子は私がいないと何もできない」と思い込んで世話を焼き過ぎたり、過干渉になったりする場合、子供は自分で何もしなくても母親が代わりにやってくれるという状況が結果として一人では何もできない「させてもらえない」「考えられない」「選択できない」という判断能力の欠如におちいる場合があり年相応の成長ができずにいることがあります。この場合の母子分離不安には母親に対するカウンセリングが有効だと思います。この場合には母親自身が自分の思い込みや不安によって子供が母子分離不安に陥っていることに気付いていないことがあります。カウンセリングを母親が受けていくことで、お母さん自身がお母さんの問題に気づき、母親自信の不安が解消され、自分を客観的にみることもできます。カウンセリングにより母親自身の問題があきらかになり、不安が解消されれば子供にもそれが伝わって母子分離不安の解消につながると思われます。

スポンサードリンク



2.有効なカウンセリング

41831ba2e522bcca589dca022c214215_s

2-1.家族療法

家族の関係を図に描いてみてください。家族それぞれとその関係を考えて距離を表し、関係を線でつないでみます。

各家族間のバランスが良いのが理想です。母子分離不安の場合には上記の原因により主に2つの図が想定されます。1つは子供と母親が近すぎて関係性が(絆線が太い図)もしくは母親との関係性が希薄な図です。これをバランスよくなるように家族の関係性を修繕していきます。母子分離不安だからといって、母と子供だけの問題ととらえるのでなく家族の問題としてとらえて行います。家族はお互いの論理思考に強く影響しあう存在ですので非常に重要だと考えられます。過度な母子密着による母子分離不安の場合には、母親へのカウンセリングがとても有効だと思います。

2-2.遊戯療法(プレイセラピー)

主に子供に用いる療法で、遊ぶことを通じて心理を読み解き、また論理思考を遊びを通して子供にわかってもらうというカウンセリングです。子供は自分の気持ちをうまく言葉で表現できませんので言葉の代わりに遊ぶことを伝達手段として用いて気持ちを表現してもらいます。カウンセラーはその遊びを通じて子供の心理、気持ちを理解し共感し、励ましていきます。この積み重ねによるカウンセリングによって子供は安心と信頼、自信を持つようになっていきます。

2-3.認知行動療法

認知行動療法とは簡単に言えば「認知」物事のとらえ方、受け止めかた、思い込みを変えていくというものです。母子分離不安の場合には母親が離れることで、母親がいなくなって永遠に戻ってこないのでは?という心理が働くためにおこる不安ですので、母親は離れてもまた必ず戻ってくるんだという認識に変えていくよう働きかけ、考え方の癖、傾向を改善します。 特に過度な母子密着に起因する母子分離不安の場合には母親に対してのカウンセリング、特に認知行動療法が最適と思われます。子供が自分がいないと何もできないという思い込みをカウンセリングにより変えていき、それを行動に表していくことによって子供の母子分離不安が解消されます。

3.自分に合うカウンセリングを受ける

8bdfa92cb55424804db210d31dfe2cdf_s

自分に合うカウンセリングを受けるには、カウンセラーとの相性が大事だと私は思っています。ご相談を受けていて驚いたのはカウンセラーや精神科医から「あなたの教育が間違っている」「躾を間違いましたね。」と言われたと仰る相談者が結構いらっしゃるということです。その場合にはよく聞いていくと不登校を専門とされていない心理カウンセラーや精神科医の方が多いようです。精神科医の方はお医者様ですしたくさんの知識があるのだとは思いますが、学問や知識だけで解決はできないから、困って相談にくるのに、その方へ向ける発言としては、いかがなものかと私個人は思います。

あと多いのはただ話しを聞いてくれるだけでなんだかピンと来なかったと仰る方です。カウンセラーの最大の役目はお話しを聴くことだとは思いますが、母子分離不安や、不登校のカウンセリングとなると少なからずアドバイスがほしくてご相談にくる方がほとんどです。その方の状況に応じた提案やアドバイスをくれるカウンセラーがよいかと思います。相談を受ける際にはご自分に合うカウンセラー、そしてできれば不登校分野が得意とされる方をお勧めいたします。

相談者もカウンセラーも人間ですからやはり相性ってあります。うちの息子も当初一般的な心理カウンセラーのもとを訪ねましたが、1度行った帰りにもう受けないといいました。私もそのカウンセラーの方と話しをしましたが、決して悪いわけではないのですが、何も得るものがありませんでした。そして次に行ったのは不登校専門としているカウンセラーのカウンセリングです。このとき息子は以前の経験からカウンセリングに行くことをとても嫌がりましたが、1度行ってみてどうしてもいやならもう一切カウンセリングを受けろとは言わないからと言って無理に連れていきました。このカウンセリングを受けた帰り道「なぜ最初からここのカウンセリングに連れてきてくれなかったの?」と息子は言いました。私もこのカウンセラーの方はお話ししていてとても不登校の子供や親の心理をわかってらっしゃる方だと思いましたので、とても納得した覚えがあります。自分に合うカウンセラーを見つけてお母さん自身が不安を払拭できるようなカウンセリングだといいですね。

4.まとめ

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

カウンセリングと一言に言ってもいろいろな療法があり、カウンセラーもさまざまです。自分に合うカウンセリング、カウンセラーを見つけてお母さん自身がカウンセリングによって自分の問題や傾向に気付き、癒され、ご自分の不安が解消され結果として母子分離不安が解消されるといいですね。

スポンサードリンク



こちらの記事もご覧ください。

小学1年生の母子分離不安とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です