生きづらいアダルトチルドレン(AC)は機能不全家族が生み出している

機能不全家族とは何かと聞かれたときにどう答えますか?またアダルトチルドレン(ac)って何?

と聞かれたときに答えることはできますか?なんとなくはわかっていても意外と知らないことも多いものです。

機能不全家族と生きづらい気持ちを抱えるアダルトチルドレン(ac)について、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク



機能不全家族ってどんな家族のこと?

機能不全家族というのは不健康な家族、毒親行為のある家族ともいえるでしょう。

本来ある家庭での団らんや安らぎ、健全な親子の愛着関係が築けていない家族ともいえます。

その背景にあるものは家族によってさまざまですが、例としては下記のようなものがあります。

  • ギャンブル依存
  • アルコール依存
  • 精神的虐待
  • 身体的虐待
  • 親が子供を支配
  • 性的虐待
  • 薬物依存
  • ネグレクト
  • 借金苦・生活困窮
  • 家庭内不和
  • etc・・

そしてアダルトチルドレン(ac)とは機能不全家族で育った子供のことを表す言葉です。

機能不全家族で育ったアダルトチルドレン(ac)は心に傷を抱えています。

どのような影響を受け、傷をもち、生きづらさを抱えてしまうのでしょうか?

スポンサードリンク



生きづらさを抱えたアダルトチルドレン(ac)

機能不全家族で育ったアダルトチルドレン(ac)は心に傷がありながら大人になり、生きづらい思いをされています。

代表的な機能不全家族の背景を探っていきましょう。

機能不全家族の子供への影響や特徴・役割についてはこちらに書いております。

ネグレクトの場合

たとえばネグレクトの機能不全家族の場合にはなんとか親の愛情を注いでもらおうとして幼少時代を過ごします。

親の注意、関心を自分にひきつけようと、問題行動を起こすこともあれば、献身的に親につくしてよい子供であろうとします。

自分をほめてほしい、認めてほしい・・そんな思いを抱きながらもその願いがかなうことはなく、自分は親から愛されるに値する人間ではないんだ・・そんな価値はないんだと思ってしまい、生きづらいのです。

親が子供を支配する

子供の意思に関係なく親が理想とするものを押し付けて支配をする機能不全家族。

これが一番多いのではないかと思っています。愛情と勘違いをして、実は自分の理想を押し付けているに他ならないという機能不全家族です。

行き過ぎた過干渉も機能不全家族に該当すると思います。

一見子供のためを思って、熱心に子育てをしているかのように他人には見え、親もまさか機能不全家族を築いているとも知らずにやってしまって、アダルトチルドレン(ac)を生み出してしまう・・

我が家もおそらくこの部類に該当していたと思います。

子供の将来のために中学受験をしたほうがよい。中学受験をするなら、塾に入ったほうがいい。

どうせ行くなら大手の進学塾良い・・こんな風に当時私も主人も思っていました。

とうの息子は当時公文に行きたかったのだと思いますが「塾にいきたい」の一言で、息子の意思を無視した上記の考えが夫婦間で一巡し公文とはかなり教育方針の違う進学塾に入れられてしまったのでした・・・

さらに主人は自分のおめがねにかなう学校しか行かせないと言い始め本人の実力や希望を無視した方針を打ち出し、押し付け、そこに入れないなら学費は払わないといいました。

精神的圧力であり精神的虐待ですよね。そしてその理想となる学校を目指すために彼は学歴と職業の対比表のようなものまで作成し、大学や大学院を出ないとかなり職業の選択の幅が狭くなることを言って聞かせました。

今思えばこれは「大学に行かなければたいした職業につけないぞ」と言って脅しているも同然の行為であり、息子自らがそう選択するように仕向けた戦略です。

しかし後になってわかったことですが、親によってレールを敷かれていると本人は気づいていました。

このように親としても子供のためによかれと思い、それが幸せであると信じてしていること、つまり行き過ぎた過干渉をすることが、実は機能不全家族の行いであり、アダルトチルドレン(ac)を生み出し、子供に生きづらい思いをさせてしまっているのです。

このため機能不全家族というのは図らずも大多数の家庭にあてはまるのではないかと思います。

親が無意識に子供のためにと信じてしてしまっていることが、アダルトチルドレン(ac)を生み出す行為だったりするのです。

またこのタイプの機能不全家族の場合には親が常にこれがいい、あればいいとさまざまなことに理想や理念があるために子供に指示を出してしまいます。

そのために子供は自分の意思をもってもそれを聞き入れてはもらえないので、次第に抗うこともやめてしまって無気力になってしまう。

もしくは反発心が募り非行に走ってしまうことがあるのです。

参考までに過干渉の影響についてこちらをお読みください。

威圧的支配する親

親の言うことが絶対である。親が絶対君主だと思っている人も少なくありません。

昔であれば、地震、雷、火事、おやじという言葉があるほど、父親というのは怖い存在で、父親が黒いものでも白と言ったら白になってしまうような家が多かったのではないでしょうか?

我が家も御多分にもれずこの部類の機能不全家族でした。

主人が言うことは絶対で、NOと言わせない雰囲気。常に緊張感が漂い、機嫌が悪ければものすごい音をたててドアを閉める。

ゴミ箱をけ飛ばす。息子と私はびくびくして心からくつろげることはなくなっていきました。

そして何か言おうものなら、自分が怒るのはお前のせいだと言い放つ。

だんだんと夜主人の帰宅する気配を感じると、私と息子はさっさと寝室に行ってしまう・・そして最後は主人がいる週末になると見事に私は熱を出すようになりました。

そして息子はすでに不登校になっていました。今ふり返ると当時はとても息子も私も生きづらかったのです。

暴言や罵倒などの毒親についてこちらに書いていますので、参考になるかもしれません。

そして主人も生きづらかったのかもしれません。

子供時代、彼の家は母親がにらみつけると子供たちは震えあがって、緊張感がただよい、背筋がピンとなり言うことを聞いていたと聞いたことがあります。

そのためそんなやりかたしか知らず、機能不全家族の連鎖を引き起こしてしまっていたのだと今はわかります。

ある意味彼もアダルトチルドレン(ac)で生きづらかったのでしょう。

借金・ギャンブル依存

借金やギャンブル依存の機能不全家族の場合にはお金は借りた本人が返すべきです。

しかし機能不全家族の場合共依存となってしまうので、自己犠牲をして他の家族が身を粉にして働き借金を返してしまう。

そして当の本人は借金やギャンブルを繰り返す。家族が借金を返すことに自分の存在意義を感じ、自己肯定感を保とうとするのですから生きづらいのです。

これは負の連鎖になってしまいます。このためどちらもやめなくてはいけないとわかりながらもやめることができず共依存することでお互いがお互いの存在意義を感じてしまっているのです。

機能不全の共依存についてはこちらに詳しく書いております。

毒親の共依存についてはこちらです。

機能不全家族の連鎖と、事件についてはこちらに書いております。

暴力

暴力をふるう機能不全家族の場合には暴力をもって家族を威圧し、言うことを聞かせ支配しようとします。

そして暴力を振るわれた家族も自分さえ我慢すれば、平和になると思い込み、存在意義を保つのです。

生きづらい共依存の状態になってしまいます。

また本来なら一番信頼できる家族に暴力をふるわれるのですから、アダルトチルドレン(ac)は人を信用できなくなりますし安心と安全というものが確保されないわけですから、ますます生きづらさを抱えてしまうのです。

また大人になってもアダルトチルドレン(ac)は人を信じることができないため親密な関係を友人や恋人と築けません。

せっかく相手が好意をもってくれても、なんだか冷めている、愛情が感じられないなどと相手が感じて去ってしまうこともあるのです。

そして残念ながらアダルトチルドレン(ac)は自分の不信感が機能不全家族の成育歴が影響しているとなかなか気づけなことも多く原因がわからない、どうしたらよいのかがわからないと生きづらくなってしまうのです。

歪んだ認知

愛情を注がれなかったり、また愛情と支配を取り違えてしまったりと機能不全家族で育ったアダルトチルドレン(ac)は認知が大きくゆがんでしまっていることがあります。

暴力で人を支配したり、愛情を感じられなかったために愛情というものがどういうものなのか、子供のへの接し方はどのようなものが良いのかがわからなかったり、または勘違いしてしまっていたりします。

このため人と話をしても共感してもらえることも少なく、アダルトチルドレンに共通している自己肯定感の低さというものがより一層増してしまい生きづらくなってしまうのです。

機能不全家族で育ったacの生きづらさ解消法

負の感情を解放し手放そう

機能不全家族で育ったアダルトチルドレン(ac)は負の感情をもっています。

その感情をもっていては前に進めないでしょう。

負の感情があることは自然なことです。きっと機能不全家族で育ったアダルトチルドレン(ac)の場合にはインナーチャイルドが傷ついているのです。その負の感情を自覚し手放していきましょう。

具体的には紙に殴り書きをしてもいいですし、新聞紙をびりびりに破きながら負の感情を吐き出してみる。

または食器を割ってしまいましょう!といっても危ないので、お勧めとしてはしっかりめのビニール袋に不要な食器を入れてしっかりと縛ります。

それを割るのです。いかがでしょうか?ちょっと嫌なことがあったときの対処法としてもおすすめです(^^:

毒親からのトラウマを克服するにはこちらをご覧ください。

自己肯定感を高める

機能不全家族で育ったアダルトチルドレン(ac)の特徴の一つが自己肯定感の低さです。

現代の世の中では自己肯定感の低い子供が多く文部科学省でも議論、分析し会議を行っているほどです。

では自己肯定感を高めるにはどうしたらいいと思いますか?

本来は親に無条件に愛され、愛着関係を築くことで、ありのままの自分を親が受け入れてくれるという実感により自己肯定感は高まっていきます。

しかし機能不全家族の場合には適切な愛着関係が築けていないために、子供はありのままの自分に自信が持てません。

ではアダルトチルドレン(ac)はどのようにしていけば自己肯定感が高まるかと言うと

人と比べない

誰かと比べるから、その人と自分の差に目がいってしまいます。

自分は自分。他人とは違います。まずは比べないというところからスタートです。

気づく・受容する

誰一人として全く同じ人間などいません。まずは自分自身がどういう人間なのかを理解し、人と違うところを見つけてしまったら、それは気づきです。

それを受け入れて認める。認めずに見てみないふりをしていると自己肯定感は高まりませんし生きづらさを解消することもできません。

短所を長所に変換

良いところを見るように努めるのが一番よいですが、短所に目がいってしまいがちではないでしょうか?

そうであれば、それを変換させてしまいましょう!

私は怒りっぽい → 情熱的である

せっかち・いらいらしてしまう → 時間を有効に活用しようとしている

そしてこれしかできないではなく、これできるという言い方に変えるのです。

難しかったらネガポジ変換できる辞書のアプリがありますので、参考にしてみてください。

まとめ

程度は違えど機能不全家族は8割いるとも言われています。そのためアダルトチルドレン(ac)もそれだけいるはずです。

生きづらさの程度は機能不全家族の状態と、アダルトチルドレン(ac)の受け取り方によっても異なります。

しかし多かれ少なかれ共通して自己肯定感が低い、ネガティブで歪んだ思考というものを改善することができたら、アダルトチルドレン(ac)の生きづらさも解消し、あなたの未来が開けてくるはずです。

これからの未来はあなた次第でいかようにも変えることができます。あなたの心のサプリメントになるブログになれば幸いです。

毒親のあるあるエピソードはこちら

自己否定の原因と改善方法はこちらに書いております。

機能不全家族の連鎖と事件についてはこちらです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です