大学生の情緒不安定の原因は?勉強?

大学生の情緒不安定の原因はどのようなものが考えられると思いますか?

勉強、恋愛、友人関係・・さまざまなことが考えられます。

大学生ゆえの悩み、情緒不安定の原因について探ってみましょう。

スポンサードリンク



大学生の情緒不安定の原因

一人暮らし

大学生を機に一人暮らしを始める方もいらっしゃると思います。

不安、期待、希望などたくさんの思いを抱えながら大学生となり、一人暮らしに対しても憧れなどもあったと思います。

しかし実際に一人暮らしを始めてみると、不安になったり、夜寂しくなって涙が出てきてしまったりと情緒不安定になる大学生もいるようです。

一人暮らしを始めたら情緒不安定になる理由と対策はこちら

勉強

大学生になるまでは、大学生活への憧れを糧に受験勉強に励んでいたあなた。

大学生になったら勉強が楽になると思っていませんでしたか?

もしくは大学生になったら勉強から解放されると思っていた方もいるかもしれませんね。

しかし自分の予想以上に勉強が大変だった、勉強に励まないといけないという方もいるでしょう。

ましてや自分の計算と違い単位が足りずに留年なんてことになってしまうと情緒不安定になるのも容易に想像がつきますね。

大学生に対しての概念や理想、想像との違いから情緒不安定になってしまう大学生もいるでしょう。

環境

大学生になると、高校生までと違いクラス単位で何かするということはほとんどないと思います。

そのため自分で勉強のカリキュラムを立てたり、個人ベースで活動することも多くなると思います。

自分から積極的にサークル活動なども参加しないと友達ができないということもあると思います。

そして大学生になって初めてアルバイトをする人もいるでしょう。

初めてでた社会。厳しい局面もあるでしょう。そんなときは情緒不安定になってしまいますね。

その他大学生になるのを機に地方から上京したりした場合には大学生活に慣れることも必要ですし、毎日の生活そのものも変わってしまうため、適応するためにさまざまなストレスを抱えてしまい情緒不安定になってしまうという大学生もいらっしゃいます。

また大学生になるとどうしても就職など今後のことを考えなくてはなりません。

自分は就職できるのか?どんな職業が向いているのか?など将来のことを考えて情緒不安定になるということもあります。

そしてその前には当然大学を卒業する必要があります。就活はうまくいったけど、卒業が危うい・・どうしよう・・と思いあぐねて情緒不安定になることも考えられます。

目標を失う

親が主導で大学生になるための勉強をしていたり、受験校も親が決めていたり、何から何まで親が過干渉に決めてきていたり、世話を焼いていた場合、大学生になって急にもう大人だからと手放す親もいます。

いままで何もかも親任せだったために、自分はどうしたらよいのかわからずに、いろいろと考えているうちに情緒不安定になる場合もあります。

そして、このようなケースの場合には不登校へとつながるケースもしばしあるのです。

母親の過干渉が子供の心理に及ぼす7つのマイナス影響をチェックしてみようはこちら

実は親が原因ということもあります。前述の親が主導してこれまでの人生を歩んできてそれが嫌だった場合に、さすがに大学生になれば自分でいろいろと決められると思っていたのに、まだまだ口を出してくる過干渉な親。

自分の思うようにいかない苛立ちから情緒不安定になってしまうということもあります。

そして親に対して言いたいことを言えない場合にはなおさらそのストレスや怒りというものが鬱積して情緒不安定になってしまうということもあります。

そして気を付けないと大学生とはいえ、いづれ不登校、引きこもりにもなりかねないのです。

あなたの親は毒親ではありませんか?

うつ病などの病気

すでに挙げた考えられる原因がストレスとなり鬱病やその他情緒不安定になる病気になっている可能性もあります。

うつ病は真面目で几帳面な方ほどなりやすいともいわれています。

うつ病についてはこちらをご覧ください

その他病気についてはこちらをご覧ください

スポンサードリンク



大学生の情緒不安定を解消するには

では大学生の情緒不安定を解消するにはどうしたらよいのでしょうか?

相談する・話す

大学生にもなって親に頼るのも・・なんて気が咎めたりしている方もいるかもしれませんね。

でも親に限らず相談できる人、機関はあります。

例えば大学の中に「相談室」や「保健管理室」のようなところはありませんか?

自分の情緒不安定の原因となるものが就活であれば、就職に関する相談室があるでしょうし、話ができる先輩などがいればその方に相談するのもよいでしょう。

漠然とした情緒不安定であれば、カウンセラーなどに相談してもよいですし、ストレスがたまりすぎている場合には友人に話を聞いてもらうだけでも情緒不安定は解消されることがあります。

自分の抱えている不安をきちんと言葉にして話す、相談するというのはとても有効なことだと思います。

診察を受ける

なんだか自分でもおかしいほど情緒不安定だ。とても心配だけど、精神科や心療内科にかかるのはハードルが高い・・と感じるかたもいらっしゃるでしょう。

でも情緒不安定の影に病気が潜んでいるかもしれません。病気でない可能性もありますし、一度医師の診察を受けておくと安心できますね。

ストレスを解消する

情緒不安定の原因というはさまざまると思いますが、ストレスの積み重ねが原因であることも多いです。

日頃からストレスを溜めない工夫をする。自分にあったストレス解消方法を見つけるというのも大切です。

こんなおもしろいものもあります↓



ストレスがかかると自律神経もみだれてしまい、さまざまな不調がおきます。

こちらの記事に情緒不安定解消のためのストレス解消方法を記載していますので、参考にしてみてください。

まとめ

大学生ゆえに情緒不安定になる原因がいろいろとありましたね。一人で抱えこんで情緒不安定になるよりも、人と話したり相談することをお勧めします。

また日ごろからストレスを溜めない工夫もしてみるとよいですね。

こちらの記事もご覧ください。

毒親と毒親育ちの子供の2つの特徴とは?一人っ子だとどうなる

情緒不安定で怒りっぽくてイライラしたり泣いたり・・原因と11個の解消方法

情緒不安定は病気?性格?心療内科を受診?精神安定剤は市販薬・サプリもあるの?

知っておきたい大学生の登校拒否・不登校の原因

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です