連休明けや夏休み明けに不登校になったり、再発する原因

新学期から再登校できましたというお声がある一方で、新学期から不登校になってしまいましたという声もあります。

GWなどの連休や夏休みなどの長期休暇明けに不登校になったり、登校していたのに再度不登校になったり・・

子供によっては五月雨登校だったりします。

なぜGWなどの連休や、夏休みなどの長期休暇明けに不登校は多くなるのでしょうか?

GWなどの連休明けや夏休み明けの不登校

GWなどの連休明けや夏休み明けというのは、残念ながら不登校が多くなったり、自殺者が多くなる時期です。

なぜGWなどの連休明けや夏休み明けに不登校が増えると思いますか?

単に旅行や、レジャーなどで連休中に生活のリズムが変わっただけでは本当の不登校にはなりません

私たち大人もGWなどの連休とくに長期休暇明けは仕事に行くのがしんどいと感じるのと同じで、一時的に学校に行けなかったり、行きたくないということはあるでしょう。

不登校は会社に行けなくなってしまうのと同じことです。

ただし、GWなどの連休や夏休み中の遊びなどイベントの予定のせいでなく、昼夜逆転になっているケースは不登校の要因と結びついている可能性はあります。

そもそも不登校というのは、これという明らかな原因があるケースよりも、複数の要因が積み重なって起きているケースのほうがはるかに多いと思われます。

そしてその複数要因が積み重なっていく間、徐々に神経をすり減らし、不登校になりそうなところを、登校しなくてはいけないと頑張り続けた結果、エネルギーがなくなってしまって不登校になっていると私は思っています。

車でいうならガソリンがなくなった状態です。

不登校というと、何かいじめのような原因があって、いきなり学校に行けなくなったのかと思う方が多いのではないでしょうか?

自分の子供が不登校になってみると最初はなぜ不登校になってしまうのかわからず、「学校に行きなさい」と無理やり行かせようとしてしまう親が多いと思います。

私も御多分にもれず無理やり登校させようとしていました。

しかし、上記で説明の通り、少しずつエネルギーをすり減らした結果もう限界の状態になってしまっているのが不登校なのです。

このエネルギーは単に体の疲れだけでなく、心の疲れです。

そのため無気力になる不登校の子どももいます。

何かに傷ついたり、よくわからないけれどどんどん自信がなくなってきて頑張りが利かなくなっている状態が不登校といえます。

このため、不登校になってもおかしくない状態であるときに連休や夏休みなどの長期休暇があるとそこで気が抜けてしまいます。

体調が悪いのをごまかして仕事に行っていても連休になったとたん悪化して熱を出すのと同じですね。

連休や夏休みなどの長期休暇でエネルギーをチャージできればよいのでしょうが、むしろ気が抜けてしまい、学校に行かなくてはいけないと思いながらも、エネルギーがなくて再度、もしくは一気に不登校になってしまうのです。

GWなどの連休明けや夏休み明けに再登校できるケース

GWなどの連休や長期休暇など夏休み明けに再登校できるケースというのは大きく分けて2つ。

完全に原因が解決し心の充電が完了したか、もしくは単に時間が疲れを癒し、とりあえず登校までできたケース。

後者の場合には再度不登校になってしまう恐れがあります。

とりあえず再登校できたケースというのはまだエネルギーチャージは完了していないけれど、親に心配をかけるし、登校しなくてはという気持ちがあるためある程度エネルギーが溜まり本人が無理をしてなんとか登校できるというケースです。

「夏休み明けから登校するよ」と親に言うケースもあります。

そして実際に再登校できるケースもあれば、本当に再登校しようと思っているのだけれど、登校できないというケースもあります。

実際息子が不登校だったとき、夏休みが終わる日に突然「明日から学校に行くよ」と言い、私はとても嬉しくなり、すぐに担任に連絡をとり、登校した際の受け入れ準備を頼みました。

しかし実際にその発言から登校できたのは、2か月後。そしてクラスへ復帰の再登校ではなく別室登校でした。

この発言というのは親からすると待ってましたとわんばかりの嬉しい発言ですが、期待せず見守るという姿勢でいるほうが良いです。

あまり期待をしてしまうと、登校できなかった時に落胆がひどくなり親の不安が一層募ります。

不安が募ると、その不安は子供に伝わってしまうからです。

また期待してしまうと、次は行けるわよね?本当に再登校するよね?などと、暗黙の休ませないという親の圧力が子供に伝わってしまい、逆効果になるからです。

不登校は親が限界になってしまうと解決できないの記事はこちらです。

夏休み明けや連休明けの再不登校の原因

今まで不登校で新学期から再登校できて一安心と思っていてもGWなdの連休明けや長期休暇明け、夏休み明けに再度不登校になってしまうということもあります。

これはエネルギーが十分溜まっていない状態で再登校してしまい、本当の原因が解決していないからです。

例えばある友達Aが原因だとしたら、そのAさんがいなくなれば学校に行けるはずです。

でも登校できなかったり、再不登校になったとしたら、それは不登校の本当の原因ではないということです。

よく再登校できてまた不登校になった時に、なぜその時は再登校できたのですか?と質問を受けることがあります。

それは本当の原因が解決できておらず、子供の心の状態が完全には整っていないけれど、なんとか登校できたということです。

忘れては行けないのは、不登校でも学校に行かなくてはいけないという気持ちは持ち続けています

傷口が塞がり痛みはなくなりかけてるけど、まだ完治していない状態で登校すると言ったらわかりやすいかもしれないですね。

もしくは、一旦心の状態が良くなり登校できてもまた徐々にエネルギーがなくなって頑張りが利かなくなり、再度不登校になるということも考えられます。

不登校の本当の原因

そして不登校の原因というのは、前述のとおり複数要因がありますが、それは家族の接し方で解決していくことができることが多いのです。

大きくわけて不登校の原因は2つだと考えます。

自己肯定感の低さ

自己肯定感が低いということは、自分のあるがままを肯定できない。こんな自分ではいけないと思っている自信がない状態です。

不登校の子供は皆自己肯定感が低いという特徴があります。

さてこの自己肯定感ですが、なぜ低いと思いますか?

これは成長過程により育まれていくもので、生まれつき自己肯定感が低い子供はいません

つまり家庭環境が大きく影響しているケースが多いと考えられるのです。

よく不登校や育児のブログや書物などには「親が変われば子供も変わる」と謳っているのを目にしたことがあるのではないでしょうか?

これは親の接し方や家庭環境が子供に大きく影響を及ぼしているからです。

まず人間は生まれてから食べたい、寝たいなどの生理的欲求をたいていは親によって満たしてもらいます。

発達心理学でいうと、基本的信頼関係を母親からの授乳などで獲得します。

そしてその次に満たしたいのが安全欲求。安心安全であること。

これが満たされていると次に社会的欲求(帰属欲求)を求めます。

子供の場合にはこれが学校となります。

つまりその前の段階の欲求が満たされていないと、次のステップには行けないので不登校のままということになります。

このように家族の在り方や、親の接し方が子供に大きく影響し、不登校になっていることがあるのです。

夫婦仲が悪いと子供に与える5つの影響とはの記事はこちら

ニート、不登校、引きこもりは毒親が生み出す!?

自己否定せず、自信を持つ子供になる7つの秘訣の記事はこちら

母子分離不安

両親が共働きで家にいる時間が少なかったり、子供とかかわる時間が少ない場合や、幼少期親と離れて暮らした、祖父母やお手伝いさんが養育を行っていた場合や小学生などの不登校に多いのが母子分離不安です。

ただしこれは本人の気質にもよるため、親が働いていて接する時間が短くても必ずしも母子分離不安になるとは限りません。

今までは親と一緒に幼稚園や保育園に通っていたのに、小学生からは登校するときから親と離れなくてはいけない、幼稚園時代よりも親と過ごす時間が短くなったことで母子分離不安からの不登校が考えられます。

また親としては十分に愛情をかけ、子供と触れ合っているつもりでも、子供からしたらまだ安心感を持てていない場合などには、母子分離不安からくる不登校というものもあります。

これは小さい子供ばかりでなく、幼いころに愛情を欲したまま満たされず大人になった場合にもありうることです。

もう自分の子供は高校生だし母子分離不安が原因の不登校ではないと思ってしまう方もいると思いますが、そうとは言い切れないのです。

小学1年生の母子分離不安とはの記事はこちらです。

↓参考になれば、ぽちっとお願いします。↓

不登校・ひきこもりランキング

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

まとめ

GWなどの連休明けや夏休みなどの長期休暇明けに不登校になる原因についてお分かりいただけたかと思います。

連休や夏休みがなかったとしてもいづれ不登校になってしまっていたと思われます。

不登校から連休明けや夏休み明けに再登校できた場合にはたくさんほめてあげてください。

逆に連休や夏休みの後不登校になってしまっても、決して責めたりせずに、受け入れてあげてくださいね。

こちらの記事もご覧ください。

保健室登校の目的と2つの目標

愛子さまと登校拒否・不登校について

不登校児の将来が不安・・仕事や就職はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です